ニュース
» 2021年09月13日 13時00分 公開

茨城県常総市で延べ17.6万m2の物流施設の開発に着手、グッドマングループプロジェクト

グッドマングループは、茨城県常総市で、総延べ床面積17万6000平方メートルの5階建て物流施設を開発することを公表した。着工は2021年後半を予定している。

[BUILT]

 グッドマングループは、茨城県常総市で8万8000平方メートルの開発用地を確保し、総延べ床面積17万6000平方メートルの5階建て物流施設を開発することを2021年8月18日に発表した。

今回の施設の完成予想図 出典:グッドマングループプレスリリース

 計画地は、圏央道の「常総インターチェンジ(IC)」に隣接し、常磐自動車道の「谷和原IC」にも近く、首都圏に直結する高速道路を利用することで、東京都や埼玉県、神奈川県に配送をスムーズに行える。

 さらに、主要交通網へのアクセスに優れ、東京都心から約60分の立地で、車で1時間圏内に1500万人の人口を抱えており、入居テナントは従業員を雇用しやすい。

 建物にはサステナビリティに配慮した仕様を適用し、施設内にはソーラーパネルにより最大3メガワットの太陽光電力を入居企業が利用できる設備を整えるとともに、蓄電池も設置する。また、特別高圧電力の供給でオペレーションの全自動化にも対応可能とする他、入居者の健康に配慮した施設に仕上げる。

 今回の施設は、2021年6月時点で首都圏に点在する物流施設の空室率が低いこともあり、ユーザーから強い引き合いを受けているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.