ニュース
» 2021年08月24日 13時00分 公開

延べ4.9万m2の物流施設が千葉県八千代市で着工、日本GLPプロジェクト

日に公表した。GLP 八千代IVは、大手日用品卸企業のあらたが、一棟全体の賃貸借契約を締結しており、2022年10月に竣工する予定だ。八千代市では既に同社が開発した「GLP 八千代」「GLP 八千代II」「GLP 八千代III」の3棟が稼働している。

[BUILT]

 日本GLPは、千葉県八千代市で、物流施設「GLP 八千代IV」が着工したことを2021年8月4日に発表した。

自動マテハン設備の設置に対応

 同社は、八千代市が、今後も引き続き人口の増加が見込まれる点や下総台地の安定した地盤上に位置し地震に対して地盤が強固である点、ハザードマップで液状化と浸水の想定外地域である点といった防災面でも優れた物流適地であることを考慮し、GLP 八千代IVの開発を決定した。

「GLP 八千代IV」の完成イメージパース 出典:日本GLP

 計画地は、東関東自動車道「千葉北インターチェンジ(IC)」から約9.9キロの場所にあり、物流拠点としてアクセスに優れている。周囲には、住宅地がある他、東葉高速鉄道「八千代中央」駅もあり、施設付近にはバス停もあるため通勤がしやすく、雇用の確保がしやすい。

 GLP 八千代IVでは、倉庫内の保管エリアはブレースのない構造とし、自動マテハン設備の設置に対応する。庫内では、自動倉庫向けエリアをあらかじめ設定し、最新技術を用いた高度な物流オペレーションに応じる。また、危険物専用倉庫を隣接させることで、多様な保管ニーズを満たす建物とする。

 なお、GLP 八千代IVの開発は、物流不動産開発ファンドであるGLPジャパン・ディベロップメント・パートナーズIIIが手掛けている。

「GLP 八千代IV」の起工式 出典:日本GLP

GLP 八千代IVの概要

 GLP 八千代IVは、耐震S造の地上4階建てで、延べ床面積は4万9000平方メートル。所在地は千葉県八千代市大和田新田で、敷地面積は約2万2000平方メートル。着工は2021年8月で、竣工は2022年10月を予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.