ニュース
» 2020年07月03日 09時00分 公開

プロジェクト:静岡県で延べ9万m2超えのマルチテナント型物流施設が竣工、大和ハウス

大和ハウス工業は、顧客の事業スキームに合わせて、専用の物流施設をコーディネートする物流プロジェクト「Dプロジェクト」を推進している。Dプロジェクトでは、オーダーメイド型のBTS型物流施設と、立地条件の良い場所に複数のテナントが入居可能なマルチテナント型の物流施設を開発しており、全国251カ所で物流施設の開発を手掛けてきた。

[BUILT]

 大和ハウス工業が静岡県富士市で、開発を進めていた大型マルチテナント型物流施設「DPL新富士II」が2020年4月28日に竣工した。

揺れを最大で約8分の1に減らせる免振工法を採用

 DPL新富士IIは、PCa・PC(プレキャスト・プレストレストコンクリート)造で、免震構造を備え、地上4階建てで、延べ床面積が9万9202.78平方メートル。所在地は静岡県富士市厚原1699-1で、敷地面積は4万4161.87平方メートル。設計・施工は安藤ハザマが担当し、着工は2018年11月15日。

DPL新富士IIの外観 出典:大和ハウス工業

 アクセスは、新東名高速道路「新富士インターチェンジ」から約0.8キロで、関東・中部エリアだけでなく、関西・北陸エリアへも出やすい。今後は、中部横断自動車道が開通することで、信越地方へも行きやすくなり、一層交通利便性が高まる。

DPL新富士IIの位置 出典:大和ハウス工業

 同施設は、最大16社のテナントが入居できる。特殊車両である45フィートコンテナ車が、各階に直接乗り入れられるらせん状のランプウェイを2基(ダブルランプウェイ)採用しており、施設全体で264台分のトラックバースも完備している。

 BCP対策では、南海トラフ地震などの大地震が発生しても、荷物や設備のダメージを最小限に抑え、建物の機能を保てるように、大和ハウス工業が独自に開発した免震装置「DKB弾性 すべり免震支承」を用いた免震工法を導入している。効果は、揺れを最大で約8分の1に減らせ、上層階の荷崩れを抑制し、短時間で事業再開を可能にする。

免震装置「DKB弾性 すべり免震支承」 出典:大和ハウス工業

 この他、施設内には、ママスクエアが運営する従業員専用の保育所が設置されており、屋上には従業員や子供が園芸体験が行える200平方メートルの園庭を設けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.