ニュース
» 2021年07月12日 13時00分 公開

埋立粘性土地盤での「ACCESS法」の活用に向け原位置地盤試験機を開発、東亜建設工業検査

東亜建設工業は機動性や操作性に優れた原位置地盤試験機「TOA-SID-MarkII」を開発した。今後、同社では、TOA-SID-MarkIIを地盤試験専用プラットフォームとして活用し、大規模な埋立や盛土工事を対象に適用していた軟弱地盤の調査・設計・施工管理技術「ACCESS法」をさまざまな工事に展開する。

[BUILT]

 東亜建設工業は、機動性や操作性に優れた原位置地盤試験機「TOA-SID-MarkII(トーアシドマークツー)」を開発したことを2021年3月18日に発表した。

一般貨物自動車に積載可能

 同社は、1990年代に、埋立や盛土工事を対象に、軟弱な粘性土地盤に対する調査・設計から施工に至るまでの一連のプロセスを一貫した手法に基づいて評価・管理する技術「ACCESS(Advanced Construction Control for Earthwork on Soft Soils)法」を開発した。

「ACCESS法」の実施フロー 出典:東亜建設工業

 ACCESS法は、電気式コーン貫入試験(CPT)をはじめとした原位置試験と、一面せん断試験(DST)などの室内試験を組み合わせた独自性の高い技術として評価されてきた。しかし、調査機を地盤へ貫通させるボーリング機械や大型地盤貫入機を地盤試験のプラットフォームとして利用することが前提となっていたため、コスト面で適用できるケースが大型プロジェクトに限定されていた。

 また、近年の建設業界では、就業者の高齢化や若年入職者の減少に伴い、現場の情報を効率的に収集し活用する情報化施工の必要性が高まっている。そして、ACCESS法は、施工中のデータをその後の工程に随時フィードバックしつつ高品質な土構造物の構築を実現する管理手法で、地盤の情報を適切に扱い、人為的判断の誤差を最小化する方法として注目されている。

 そこで、東亜建設工業は、ACCESS法を大型プロジェクトだけでなく、比較的小規模な工事でも幅広く活用していくため、工事現場での機動性と操作性に富んだ専用プラットフォームとしてTOA-SID-MarkIIを開発した。

「TOA-SID-MarkII」の全景(左)と原位置試験の様子(右) 出典:東亜建設工業

 TOA-SID-MarkIIは、より多くの現場で手軽に適用できるように、機体の小型化を図り、一般貨物自動車に積載し運べる。これにより、調査場所をスムーズに移動することが可能だ。さらに、自走式キャタピラ構造を備えつつ、軽量化を図ることで、ぬかるみなどの厳しい現場環境でも優れた機動性を発揮するようにした。

TOA-SID-MarkIIの車載状況 出典:東亜建設工業

 加えて、ACCESS法は複数の原位置試験を組み合わせて地盤情報の評価を行うことを考慮し、TOA-SID-MarkIIの貫入ヘッドにスライド構造を採用して、一度の機械設置で複数の試験を容易に行えるように仕上げた。

 上記の特徴に関して、東亜建設工業は、受注した公共工事の中で現場実験を通じて効果を確認していく。

TOA-SID-MarkIIの厳しい現場での実験 出典:東亜建設工業
TOA-SID-MarkIIのヘッドスライド構造を活用したFVT実施状況 出典:東亜建設工業

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.