ニュース
» 2021年06月02日 08時00分 公開

鹿島、台形CSGダムの保護コンクリート構築の合理化施工システムを開発施工

鹿島建設は、台形CSGダムの施工において、型枠および目地・止水板の設置作業を自動化・合理化する「置き型枠自動スライドシステム」を開発し、秋田県で施工中の成瀬ダム堤体打設工事に初適用し有効性を確認した。

[BUILT]

 鹿島建設は、「置き型枠自動スライドシステム」を開発し、秋田県で施工中の成瀬ダム堤体打設工事に初適用。その有効性を確認した。置き型枠自動スライドシステムは、上下流面が階段状の保護コンクリートで覆われる台形CSGダムの施工において、型枠および目地・止水板の設置作業を自動化・合理化するシステムである。

置き型枠自動スライドシステム 置き型枠自動スライドシステム 出典:鹿島建設

 同システムは、次世代の建設生産システム「A4CSEL」(クワッドアクセル)による、CSG高速打設を実現する自動化施工技術の1つ。置き型枠自動スライドリフタ、止水板台車、おもり台車の3種類の台車で構成され、保護コンクリートの型枠設置、打設および目地・止水板設置作業における施工速度、安全性、生産性の向上を実現する。各台車は、置き型枠として用いるH形鋼をレールにして走行するため、堤体打設面でのクレーン作業は不要となり、堤体での作業を阻害することなく保護コンクリートの施工ができる。

 置き型枠自動スライドリフタは、CSGのリフト高さ0.75メートルに合わせてH形鋼を2段重ねた置き型枠(高さ0.8メートル、長さ5メートル)を、既打設の最下段から吊り上げて設置する。設置完了後、次の箇所に5メートル横移動し同様の作業を行う。一連の作業はタブレット端末から実施できるという。

置き型枠自動スライドリフタ 置き型枠自動スライドリフタ 出典:鹿島建設

 保護コンクリートは、15メートルごとに鋼製目地板と2枚の止水板を設置する構造だ。今回適用した止水板台車は、ロール状に巻いた止水板を保護コンクリートの打設の進ちょくに合わせて引き上げるだけで固定作業が完了する。CSG打設面の外側から作業することができるため、堤体打設面上のクレーン作業を省略できる。

止水板台車 止水板台車 出典:鹿島建設

 保護コンクリート打設時の置き型枠の滑動と転倒を防止するため、おもり(荷重)を置き型枠に載せることでコンクリート打設時の側圧に抵抗する。5メートルのおもり台車3台を並べて1ブロック(15メートル)を打設し、終了後は隣のブロックへ横移動する。

おもり台車 おもり台車 出典:鹿島建設

 同システムを利用した保護コンクリートの型枠と目地・止水板の設置作業と従来の方法と比較したところ、置き型枠設置の作業時間は従来の5分の1に短縮した。また、作業人数も、従来は特殊作業員4人およびクレーンオペレーター1人であったところ、普通作業員1人のみに削減できた。止水板設置時間は従来の3分の1に短縮でき、作業員人員も普通作業員2人に減った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.