ニュース
» 2021年05月13日 09時00分 公開

ヒューリックが物流施設の開発事業を始動、第1弾は江戸川区で延べ1.9万m2の物流施設プロジェクト

ヒューリックは、物流施設開発事業の第1弾として、東京都江戸川区で「ヒューリックロジスティクス葛西」の開発に着手した。ヒューリックロジスティクス葛西の開発プロジェクトは、東京都江戸川区で同社が保有するオフィスビル「ヒューリック葛西臨海ビル」の未利用容積(約100%分)を活用した増築として行う。

[BUILT]

 ヒューリックは、東京都江戸川区で同社が保有するオフィスビル「ヒューリック葛西臨海ビル」の敷地内で物流施設「ヒューリックロジスティクス葛西」の開発に着手したことを2021年2月15日に発表した。

敷地は水害に強いとされる江戸川区地域防災拠点に指定

 ヒューリックロジスティクス葛西は、S造地5階建てで、延べ床面積は1万9923.75平方メートル。所在地は東京都江戸川区臨海町三丁目6番2号(地番)で、敷地面積は1万9521.44平方メートル。

物流施設「ヒューリックロジスティクス葛西」の完成イメージ 出典:ヒューリック

 アクセスは、JR京葉線「葛西臨海公園」駅から徒歩13分、東京メトロ東西線「葛西」駅からバスで7分、都営バス「江戸川臨海郵便局」から徒歩1分、首都高速道路湾岸線「葛西インターチェンジ」から約700メートル。設計・監理はフクダ・アンド・パートナーズが、施工は西松建設がそれぞれ担当した。竣工は2022年5月を予定している。

 計画地の周辺は、人口にも恵まれており、雇用確保に有利な環境を備えている。敷地は水害に強いとされる江戸川区地域防災拠点に指定されており、BCPの観点からも安全性の高い立地となっている。

 建物は、ボックス型施設で、倉庫面積は1フロア当たり約3636平方メートル。倉庫は、床荷重が1.5トンで、柱間隔は10メートル以上、基準階の梁(はり)下有効は5.5メートルを確保する。また、各階に事務所スペースを設ける他、同一敷地内のヒューリック葛西臨海ビルの共用施設「24時間開放カフェテリア」や「商談可能なロビースペース」なども利用可能とすることで利便性を高める。

 ヒューリックは、千葉県野田市でも、計画延べ床面積が約2万8900平方メートルの物流施設用地を取得済みで、今後さらに物流施設の開発を行う予定だ。

「ヒューリックロジスティクス葛西」の周辺地図 出典:ヒューリック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.