ニュース
» 2020年12月25日 09時00分 公開

五洋建設が10メガワット(MW)級風車のスパー型浮体を対象に効率的な施工方法を研究産業動向

五洋建設は、10メガワット(MW)級風車に搭載可能なスパー型浮体を対象に、国内の厳しい気象や海象条件に対応した合理的かつ効率的な施工方法に関する調査研究を進めている。

[BUILT]

 五洋建設は、東京電力ホールディングスや東京大学と共同で、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募する「浮体式洋上風力発電低コスト化技術開発調査研究」に浮体式洋上風力発電の低コスト化に資する研究を応募し、採択されたことを2020年9月8日に発表した。

 五洋建設は、今回の研究で、10メガワット(MW)級風車に搭載可能なスパー型浮体を対象に、国内の厳しい気象や海象条件に対応した合理的かつ効率的な施工方法に関する調査研究を担当し、浮体式洋上風力発電の低コスト化に取り組む。

スパー型浮体式洋上風力発電のイメージ

 同社は、これまで着床式洋上風力をターゲットに、国内初となる800トン吊の大型クレーンを搭載したSEP型多目的起重機船を稼働させるとともに、現在、大型の1600トン吊クレーンを搭載したSEP船を建造している。

 また、2020年4月には洋上風力事業本部を立ち上げ、国内の洋上風力発電プロジェクトに対する取り組みを強化した。浮体式洋上風力についても、近い将来の実現を見据え、これまで培ってきた海洋土木工事の豊富な経験と知見を生かして取り組む方針を示している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.