ニュース
» 2020年09月02日 06時00分 公開

免震:“南海トラフ地震”に備え免震建物2方向の揺れを計測、横浜市庁舎に導入 (1/2)

竹中工務店は、地震時に免震建物の動きを計測する「直立型変位計」を開発し、同社の新社員教育寮と横浜市役所新庁舎に適用した。

[BUILT]

 竹中工務店は2020年9月1日、地震時に免震建物の動きを計測する直立型変位計を開発し、2019年9月に竣工した同社の新社員教育寮と、2020年5月に完成した横浜市役所新庁舎に適用した。本変位計の販売は、東京測振が製造・販売元となっている。

1台で水平2方向を計測、動きを見える化する専用システムも搭載

直立型変位計による計測イメージ 出典:竹中工務店
変位計の仕様 出典:竹中工務店

 変位計は、建物の免震層に設置して、ロッド(計測棒)が免震層の動きに合わせて傾きながら動く。この傾きを測り、1台のみで免震建物の水平2方向の大きな変位を計測することが実現する。

 仕組みとしては、2つのロッド(ロッドとガイドロッド)が自在継手(ユニバーサルジョイント)を介してつながっている。免震層が動くとロッドは傾き、ガイドロッドは上に持ち上がる。このとき、自在継手の回転軸の回転量を測定し、幾何学的に水平2方向の変位を計測。回転量の測定には、高精度デジタル式回転計を採用し、高い計測精度を有している。

 直立型のため、従来の機器と比べても、設置に必要なスペースを最小限に抑えられ、2方向を1度に計測するため、1台だけで済みコストダウンにつながる。

 変位計のデータを見える化する専用システムも備えており、PC画面上で、建物内の各地点での変位で現在地や過去の最大値を視覚的に表示し、正常時や動きを感知したメッセージ画面を搭載している。システムにより、建物内居室の管理用PCからリアルタイムで、計測データの確認や免震部材の健全性判断が可能になり、地震が発生するたびに免震層へ入って確認する手間が無くなる。地震発生の直後に、技術者の安全を確保しつつ、建物の安全性を迅速に知ることができる。

デジタル画面上の表示システム 出典:竹中工務店
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.