ニュース
» 2020年09月01日 08時00分 公開

戸田建設が米国で不動産事業を本格化、足掛かりとなるオフィスビル取得業界動向

戸田建設は米カリフォルニア州アーバイン市で、同国内での不動産事業を本格展開する第1弾となるオフィスビルを取得した。

[BUILT]

 戸田建設は2020年8月、100%子会社でアメリカで不動産事業を行う「アメリカ戸田建設」を通じ、カリフォルニア州アーバイン市に所在するオフィスビル「111 Pacifica(111 パシフィカ)」を取得したと明らかにした。

 アーバイン市は、全米第2の都市であるロサンゼルス市の中心街から南東約65キロに位置する。全米最大の大規模な総合的かつ複合的な都市開発計画に基づき、住宅、商業、産業団地、教育機関、研究開発施設、公共・文化施設、レクリエーション施設などが計画的に配置された「マスタープラン・コミュニティー」の一つとして知られ、治安の良さや教育水準の高さ、ビジネスや生活面での環境の良さからも有名であり、海外を含め、州内外から人々が流入し、成長を続けている州内でも有数の都市。

 取得した物件自体は、現地の不動産関係者の間でも、好立地として認識されている“スペクトラム・トライアングル”と呼ばれる総面積が約2キロ平方メートルのエリア内にある限られたオフィスビルの1棟。希少性が高く、既存テナントの継続入居だけでなく、多種多様な企業の新規誘致も期待できる。

 アメリカ戸田建設は、米国で30年に及ぶオフィスビル運営の知見を生かした不動産事業の本格化を図るための第1弾として、本物件を位置付けており、サンフランシスコ市で運営する「600 Townsend」と併せ、今後も高品質なオフィス空間を提供していくとしている。

カリフォルニア州アーバイン市のオフィスビル「111 Pacifica(111 パシフィカ)」 出典:戸田建設

 111 Pacificaの概要は、竣工年が1989年で、S造・地上3階建て、賃貸面積は約6400平方メートル。テナント数は15社。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.