ニュース
» 2020年08月28日 08時00分 公開

住宅工務店のDX推進、業務一括管理システム「RでGO」リニューアル版製品動向

ハイアス・アンド・カンパニーは、建設業務をワンストップで行える管理システム「RでGO」のリニューアル版を提供し、建設ICTの活用で住宅工務店のDX推進を支援する。

[BUILT]

 ハイアス・アンド・カンパニーは2020年7月22日、R+house加盟企業に対し、設計工程から着工、引渡報告管理、定期点検管理までをワンストップで行える業務管理システム「RでGO(アールでゴー)」をリニューアルし、提供を開始した。

「RでGO」画面イメージ 「RでGO」画面イメージ 出典:ハイアス・アンド・カンパニー

 リニューアル版RでGOは、加盟企業の設計工程から着工、引渡、定期点検管理までの一連の業務フローをデジタル化し、必要タスクを一覧化、管理することで、業務を効率化した。

 建築家やインテリアコーディネーター、R+house運営事務局など関係者間の連絡を一元管理し、業務の生産性、スピードを飛躍的に高めた。

 これまで加盟企業間のITリテラシーや設備に差があり、資料を紙やオフィスアプリケーションで管理していたが、システム上でのデジタル管理を可能とし、作業工程を削減した。

 その他、建築家とのプランに関するやりとり、完成保証サービスの物件登録申請と、定期点検報告書をシステムにアップすることで、完工日、竣工日、引渡日の管理を行える機能が加わった。

 さらに、案件情報の一覧化により進ちょく管理や引き渡し後のサービス提供状況の把握、R+houseネットワーク全体における傾向把握や課題発見をスムーズにし、マネンジメント精度を高めた。これにより、業務の抜けもれや納期遅延を防止し、顧客へのサービス品質向上にもつなげる。

 運営事務局側も、案件状況を蓄積することで傾向分析が可能となり、ブランドの品質向上や今後のネットワークの成長に寄与するリニューアルとした。

 地域密着型である住宅工務店の多くが、企業規模や人材不足から自社でのDX(デジタルトランスフォーメーション)推進が難しい。ICTの活用などによる工程管理や顧客管理のDX化を通じた経営効率化を図る支援が急がれるため、今回の開発に至った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.