ニュース
» 2020年08月04日 11時00分 公開

国際航業とトラジェクトリー、愛知県の2市でドローン活用した地方創生ドローン

ドローンを使ったエアモビリティの社会実装と地方創生に向け、国際航業とトラジェクトリーが愛知県豊川市および同県新城市と包括連携協定を締結。詳細な3次元地図の検討を行い、ドローン管制プラットフォームを構築していく。

[西坂真人,BUILT]

 国際航業とトラジェクトリーは2020年8月4日、ドローンを活用した地方創生で愛知県豊川市および同県新城市と包括連携協定を締結したと発表した。両市が進める「東三河ドローン・リバー構想推進協議会(仮称)」で、ドローンを使ったエアモビリティの社会実装を通じて地方創生に貢献するのが狙い。ドローンの離発着地点や飛行ルート上の詳細な3次元地図の検討を行い、ドローン管制プラットフォームを構築していく。

包括連携協定締結の様子 包括連携協定締結の様子

 豊川市と新城市は、東三河ドローン・リバー構想推進協議会を通じてドローンによるエアモビリティに関する新産業の集積に向けた取り組みを進めている。2019年度は準備期間として「ドローンを活用した地域社会の実現に向けた官民連携検討準備会」を設立し、ドローン・エアモビリティの利活用に関する意見交換やシンポジウム、実証実験を行った。

 今回、国土測量によって精緻な地図を作成する空間情報事業を展開する国際航業と、ドローンAI管制プラットフォーム「TRJX」の開発を行うトラジェクトリーとの協業により、ドローンエアモビリティでの安全運航の実現、離発着地点や飛行ルート上の詳細な3次元地図製作、ドローン管制システム構築などを検討していくという。

3次元地図をAI管制システムに取り込むイメージ 3次元地図をAI管制システムに取り込むイメージ
TRJX飛行シミュレーション

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.