ニュース
» 2020年03月04日 08時00分 公開

ドローン:倉庫内を実験場に、マイクロドローンによる施設管理サービスを開発

東京流通センターとアイ・ロボティクス、三菱地所は、ドローンを使用した施設管理サービスの開発で協業を開始した。倉庫内の一部でマイクロドローンの飛行実験を重ね、高所・狭所点検など人手や通常のドローンでは困難なサービスの開発のほか、将来的にはドローンとIoT(設備のセンサーなど)を組み合わせたデジタルツインソリューションにも取り組む。

[BUILT]

 東京流通センター(TRC)とアイ・ロボティクス、三菱地所は、ドローンを使用した施設管理サービスの開発で協業を開始することを明らかにした。

 アイ・ロボティクスは、三菱地所が実施した2018年度コーポレートアクセラレータプログラム優秀賞を受賞した企業(203社のうち5社)。三菱地所傘下のTRCは、自社物流施設の運営管理のほか、全国16物流施設の施設管理業務を受託している。

TRC物流施設内で行わたドローン実証実験の様子 TRC物流施設内で実施したドローン実証実験の様子 出典:三菱地所

 今回の協業では、TRC所有の物流施設(物流ビルA棟)の一部区画約1200平方メートルを実証実験の場とし、TRCが1967年の設立以来培ってきた物流施設の運営ノウハウとアイ・ロボティクスのドローン技術を組み合わせたサービスの実用化を検証していく。

マイクロドローンは倉庫内の高所・狭所点検に適している マイクロドローンは倉庫内の高所・狭所点検に適している 出典:三菱地所

 ドローンの飛行実験にはアイ・ロボティクス製マイクロドローン(直径8〜19センチメートル、重量170グラム以下)を使用する。

マイクロドローン例 マイクロドローン例 出典:三菱地所

 小型で軽量なマイクロドローンは、飛行時に吹き出す風が微細で周囲への影響が少なく、落下時に人や物に与える危険性も小さいといった特性があり、24 時間365日人・物・作業車両が行き交う施設内での点検やデータ取得に適している。

ドローン実証実験を実施したTRC物流ビルA棟 ドローン実証実験を実施したTRC物流ビルA棟 出典:三菱地所

 この特性を生かし、通常サイズのドローンでは困難とされてきた物流施設内の高所・狭所における点検、落下時の安全性検証、障害物検知および回避制御検証などを行うことで、マイクロドローンを使った点検作業の実用化の可否を検証していく。

 今後は、ドローンとIoT(設備のセンサーなど)を組み合わせて、倉庫区画内外の不具合事象の傾向や倉庫内状況をデータ化し、デジタルツインソリューションによる物流施設の設計や運営管理の高度化・効率化を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.