ニュース
» 2020年07月01日 07時00分 公開

産業動向:新型コロナの不動産業界への影響を調査、81%が集客減 (3/3)

[遠藤和宏,BUILT]
前のページへ 1|2|3       

全体の50%がテレワークを採用

 コロナ禍の勤務体制では、全体のうち約50%が、「テレワークとリモートワークの導入」「従業員間のソーシャルディスタンスの確保」に取り組みんでいる。テレワークとリモートワークについては、全体のうち52%が導入済みで、11.5%が検討中。「テレワーク化・リモート化している業務は、顧客への接客や事務作業、家賃の請求など多岐に及ぶ」(清水氏)。

コロナ禍の勤務体制
テレワーク・リモートワークの実施状況
テレワーク化・リモートワーク化されている業務

 スタッフの研修や教育では、全体のうち約62%が新型コロナウイルス感染症の影響があった。コロナ禍での研修については、全体のうち約50%がWeb会議システムを活用し、約40%がeラーニングといったシステムを利用した。

テレワーク化・リモートワーク化されている業務

 新型コロナウイルスの感染拡大後、全体のうち55.8%が不動産テックやITシステムの導入もしくは活用を開始した。今後採用を検討している不動産テックやITシステムについては、全体のうち約50%が「バーチャル内見などの接客システム」と「IT重説(に役立つ)システム」を挙げた。

不動産テックやITシステムの活用と導入状況
導入を検討している不動産テックやITシステム
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.