ニュース
» 2020年06月12日 08時00分 公開

CIM:転圧管理システムでロックフィルダムの盛立データ管理、大林組

大林組は、ロックフィルダム建設工事において転圧管理システムを活用し、堤体の盛立工の品質管理データからCIMモデルを自動で生成する取り組みを開始した。大阪府発注の安威川ダム建設工事に適用する。

[BUILT]

 大林組は、ロックフィルダム建設工事において転圧管理システムを活用し、堤体の盛立工の品質管理データからCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)モデルを自動で生成する取り組みを開始した。大阪府発注の安威川ダム建設工事(大阪府茨木市)において適用する。

安威川ダム完成イメージ図 安威川ダム完成イメージ図(提供:大阪府安威川ダム建設事務所) 出典:大林組

 ロックフィルダムは、まき出し厚(盛り土する際の一層分の土の厚み)や転圧回数などが仕様で定められており、任意で選ばれた場所の密度や透水状況を確認することにより、施工品質が管理されている。加えて、同社では締固め機械に取り付けた加速度センサーにより地盤変形係数(地盤の固さを表す値)や密度をリアルタイムに判定可能な「αシステム」を開発し、品質管理に適用してきた。

 今回導入した転圧管理システムとは、同社のダム情報化施工技術「ODICT(オーディクト)」の技術の1つだ。αシステムの品質管理データと、全地球測位システム(GNSS)受信機によって取得される軌跡情報および転圧回数を使い、転圧範囲の3次元モデルを自動で作成する。作成された3次元モデルには、地盤変形係数や密度などの品質管理データを属性データとして自動で付与する。

転圧管理システム概要図 転圧管理システム概要図 出典:大林組

 これにより、3次元モデル作成の手間が省けるとともに、品質データ付与時のヒューマンエラーによる手戻りが防止できるため生産性向上につながるという。

 同社では、作成したCIMモデルを維持管理用のデータとして活用することで、国土交通省が進める「i-Construction(建設生産システム全体の生産性向上)」の推進にも取り組む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.