調査リポート
» 2020年05月18日 09時00分 公開

国交省が建設業許可業者の実態を調査、2年連続で増加し47万者に産業動向(2/3 ページ)

[BUILT]

業種別では解体工事業の許可を取得する業者が最も高い

 一般建設業許可を取得している業者は全体で、44万9015者となり、前年同月比では0.8%増となる3711者の増加となった。一般建設業許可業者数が最も多かった2000年3月末時点の数と比べて、一般建設業の許可を取得している業者の数は22.3%減となる12万8694者減少した。

一般建設業許可業者数の推移 出典:国土交通省

 特定建設業許可を取得している業者は全体で、4万6451者となり、前年同月比では1.5%増となる709者の増加となった。特定建設業許可業者数が最も多かった2005年3月末時点の数と比較して、特定建設業の許可を取得している業者の数は9.2%減となる4725者の減少となった。

特定建設業許可業者数の推移 出典:国土交通省

 建設業の許可は、土木工事業、建築工事業など29の業種が設けられており、2020年3月末時点で、業種別許可の総数は160万7814者で、前年同月比2.8%の増加となった。建設業許可業者数が最も多かった2000年3月末時点で、業種別許可の総数は139万2339者で、比べると15.5%増えた。

 許可を取得している業者の数が多い業種は、とび・土工工事業(17万1511者、全体の36.3%)や建築工事業(15万676者、全体の31.9%)、土木工事業(13万854者、全体の27.7%)。取得している業者の数が少ない業種は、清掃施設工事業(432者、全体の0.1%)やさく井工事業(2377者、全体の0.5%)、電気通信工事業(1万5007者、全体の3.2%)となった。

建設業許可業者における業種別許可の取得率 出典:国土交通省

 前年同月に比べて取得業者数が増加した許可業種は25業種で、増加数は解体工事業が1万2656者(29.3%増)と最も高く、とび・土工工事業は2820者(1.7%増)で次点となり、次に内装仕上工事業が2250者(2.9%増)で後に続いた。

 また、前年同月に比べて取得業者数が減少した許可業種は4業種で、減少数は建築工事業が512者(0.3%減少)と最も高く、以下、造園工事業142者(0.6%減少)、さく井工事業22者(0.9%減少)となった。

 解体工事業許可業者数が増加した要因には、2016年年6月1日時点でとび・土工工事業の許可を受けている業者で、解体工事業に該当する事業を営んでいる場合、2019年5月31日までの間に限り、政府の制度により、解体工事業の許可を受けずとも当該事業を営めたことが影響したと考えられている。

業者数が増加した許可業種 出典:国土交通

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.