ニュース
» 2020年02月24日 08時02分 公開

維検査・維持管理:0.1〜0.2mmを検知する“5G×AI”の橋梁点検、金沢大と共同で2020年中に商用化 (2/2)

[BUILT]
前のページへ 1|2       

精度0.1〜0.2ミリのひび割れ検出が可能

 具体的には、超高解像度カメラPhaseOneで、橋梁全体を撮影し、問題箇所の大枠を発見。細部は、解像度を上げて撮影することで細かなクラックを見つけ出し、撮影した写真を5Gプレサービス環境下でシステムにアップロードし、AIで解析した。点検結果については、精度0.1〜0.2ミリのひび割れ検出が理論的に可能だという。

遠景で対象となる橋全体を捉えた写真 提供:WorldLink & Company
近景で対象となる特定の部分を捉えた写真 提供:WorldLink & Company
特定部分の写真をAI診断で問題と思われる箇所のみを抽出した図 提供:WorldLink & Company
システムの画面上にて判定結果を確認している図 提供:WorldLink & Company

 今後、5Gの商用サービスが開始され、現場だけで橋梁点検が完結するようになれば、従来方法よりも時間や費用が抑制されるとともに、安全性の確保も見込める。WorldLink & Companyは、実験の結果を踏まえ、これからユーザーインタフェースなどをブラッシュアップして、2020年中の商用サービス開始を目指している。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.