調査リポート
» 2020年02月07日 06時00分 公開

産業動向:労働者過不足判断D.I.で、「建設」が「郵便」「運輸」と並び最多 (2/2)

[BUILT]
前のページへ 1|2       

建設業就業者数は513万人、前年同月比102.2%

 雇用関連の月次データでは、2019年11月の建設業就業者数は513万人(前年同月比102.2%)で、10月の99.4%からプラスに転じ、2019年を通して最も多い人数となった。公共職業安定所(ハローワーク)の新規求人数は、6万6211人(前年同月比94.9%)で、10月の102.9%から減少した。

建設業における就業者数と雇用者数の推移 出典:総務省「労働力調査」よりヒューマンタッチ総研が作成
建設業の新規求人数の推移(新規学卒者とパートを除く) 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」より作成

 建築・土木・測量技術者(常用・除くパート)の有効求人倍率は、前年同月比0.56ポイント上昇して7.34倍となった。有効求人倍率は54カ月連続で前年同月を上回っており、人手不足の状況は依然として続いている。

建築・土木・測量技術者における雇用関連指標の推移(常用・除くパート) 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」よりヒューマンタッチ総研が作成
建築・土木・測量技術者における雇用関連指標の前年同月比(常用・除くパート) 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」よりヒューマンタッチ総研が作成

 一方で、建設・採掘の職業(常用・除くパート)の有効求人倍率は、前年同月比で0.48アップし、6.17倍となった。55カ月連続で前年同月増となり、建設技能工についても、厳しい人手不足の状況は同じような状況にある。

建設・採掘の職業における雇用関連指標の推移(常用・除くパート) 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」よりヒューマンタッチ総研が作成
建設・採掘の職業における雇用関連指標の前年同月比(常用・除くパート) 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」よりヒューマンタッチ総研が作成
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.