ニュース
» 2020年01月17日 07時00分 公開

プロジェクト:アート作品を各所に展示した「三井ガーデンホテル六本木プレミア」をオープン (1/2)

三井不動産と三井不動産ホテルマネジメントは、「三井ガーデンホテルズ」プレミアシリーズで6件目となる「三井ガーデンホテル六本木プレミア」を開業する。これにより、三井不動産グループが運営するホテルの件数は31件になる。

[遠藤和宏,BUILT]

 三井不動産と三井不動産ホテルマネジメントは2020年1月24日、「Superb Experience―六本木で、胸高なるひとときを。―」をコンセプトにしたホテル「三井ガーデンホテル六本木プレミア」をオープンする。

外観は和を意識したデザイン

 三井ガーデンホテル六本木プレミアは、敷地面積が1861.43平方メートル、延べ床面積が1万2500平方メートル、構造はRC造、地上14階建て。所在地は東京都港区六本木3-15-17。東京メトロ日比谷線と都営大江戸線「六本木」駅から徒歩約5分で、東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅から徒歩約7分で交通の利便性に優れている。

三井ガーデンホテル六本木プレミアの外観 出典:三井不動産

 外観・外構の設計とデザインは、光井純アンドアソシエーツ建築設計事務所が担当した。外観のデザインは、訪日外国人旅行客が和の心を感じられるように、寄木(よせぎ)や折り紙、びょうぶのような装飾に仕上げたという。一方、外構は、敷地周囲とエントランス前に植栽スペースを設け、シンボルツリーとして、桜とイロハモミジを植えている。

 ロビーの吹き抜け部分には、テキスタイルデザイナーの森山茜氏が制作したファブリックアートを展示している。このファブリックアートはアルミのコーディングを施した薄い布を重ね合わせたもので、見る角度や光の差し込み方によって色調が変化する。

ロビーの吹き抜け部に展示されているファブリックアート

 ラウンジには、砕いたガラスをつなぎ合わせて作り上げたハイヒールやドレスなどの芸術作品をディスプレイし、アート空間を構築したという。

砕いたガラスをつなぎ合わせて作り上げたドレス
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.