ニュース
» 2020年01月12日 11時00分 公開

プロジェクト:中京圏初となる木造とRC造を組み合わせた木質耐火構造の中層マンションを建設、清水建設 (2/2)

[BUILT]
前のページへ 1|2       

CLTパネルで地震力の負担を軽減

 各住戸内に原則2体ずつ配置する耐震壁57体は、木の直交集成板(CLTパネル)製で、建物の長辺方向に働く地震力の最大60%を負担する上、間仕切り兼仕上げ材としても機能する。構造部材の他にも、内装仕上げ材、妻側(つまがわ)の外壁にも木材を取り入れている。

CLT耐震壁 断面図 出典:清水建設
住戸部分の構造モデル 出典:清水建設

 今回の柱・梁の接合には、木質構造の架構技術「シミズ ハイウッド」を活用し、耐震性や耐火性、施工性に優れたPCa接合部材を用いている。シミズ ハイウッドは、PCa接合部材を介して、木質構造とRC造、あるいはS造といった異なる構造の柱同士や柱と梁を接合し、一体化することで、多様なニーズに対応。PCa接合部材は、火災時に高温となるS梁から木質柱への熱伝導と延焼を抑制する。

 こうした取り組みが評価され、茶屋ヶ坂アパート建替工事のプロジェクトは国土交通省から2018年度の「サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)」に採択されている。

シミズ ハイウッドにおける柱・梁の構成 出典:清水建設
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.