ニュース
» 2019年11月14日 08時00分 公開

ドローン:ソフトバンクのドローンサービスが「SENSYN FLIGHT CORE」を採用

センシンロボティクスの「SENSYN FLIGHT CORE」が、ソフトバンクのドローンサービス「SoraSolution」に採用された。

[BUILT]

 ドローンを中心としたロボティクス技術と先進技術を組み合わせた業務用ソリューション事業を展開するセンシンロボティクスは、同社の「SENSYN FLIGHT CORE」をソフトバンクのドローンサービス「SoraSolution」が採用したことを明らかにした。

 SENSYN FLIGHT COREは、ドローンによる業務自動化を容易に実現できるプラットフォーム。ドローンのフライトプランや実績データの一元管理、複数機での同時飛行、異なるメーカー製のドローンへの対応、UTM(無人航空機管制)への接続などの機能を装備している。

photo SoraSolutionの操作画面 出典:センシンロボティクス

 今回SoraSolutionは、SENSYN FLIGHT COREの機能のうち「飛行プランの連結」と「画像自動仕分け機能」を実装した。これにより、点検ルートごとの自動航行の設定や設定ルートでの一括飛行が容易に。撮影データはクラウド上で一括管理できるため、点検作業の見落としやミス、負担の軽減につながる。主な利用シーンは、鉄塔や陸橋、ダム、ビルなど、定期点検業務が必要な箇所や高所での作業が必要な箇所を想定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.