ニュース
» 2019年07月26日 07時00分 公開

オートキャリブレーション搭載で導入後即時使用が可能に、建機用360度サラウンドビューシステム産業とくらしの関東グランドフェア2019

イーエスエスは、現場での事故防止に貢献する建設機械の360度サラウンドビューシステム「Fine Eyes Monitor SV」のカメラ画質向上やオートキャリブレーション(自動調整機能)の実装を実現した新バージョンの開発を進めている。

[遠藤和宏,BUILT]

 イーエスエスは、「産業とくらしの関東グランドフェア2019」(会期:2019年7月5〜6日、幕張メッセ)に出展し、開発中のサラウンドビューシステム「Fine Eyes Monitor SVII(仮称)」をパネル展示した。

オートキャリブレーションで迅速な使用を後押し

 Fine Eyes Monitor SVIIは、カメラ画素数を従来品の40万から200万に向上させ、より精細な画像で建機の周囲を確認できる。オートキャリブレーションを備えているため、建機に合わせた360度合成映像を自動で調整可能で、システム導入後、迅速に使える。これまで通り、建機に後付けすることもできる。

パネルで紹介されたFine Eyes Monitor SVIIのスペック

 イーエスエスの担当者は、「最大の特徴はオートキャリブレーションを搭載していること。従来品の場合は、ユーザーのもとに当社スタッフが訪問し、建機の仕様に合わせて360度映像を調節しなければいけなかったため、システム導入後の即時使用を妨げていた。このような課題を、オートキャリブレーションで解決できると考えている」と語った。

Fine Eyes Monitor SVのシステムイメージ 出典:イーエスエス

 従来システムと同様に、オーバルビューとトップビューの2つのモードを組み込んでいる。トップビューは、機械を見下ろす視点で周りの距離を視認しやすいモードだが、カメラ映像の重なる部分が消失するという弱点を持つ。

 一方、オーバルビューは、日立超LSIシステムズと共同開発した360度映像を切れ目なく表示する合成技術を採用しているため、人や障害物の見落としの予防を支援する。

 サラウンドビューシステムとは、建機に設置した4つのカメラで撮影した映像を合成・補正し、俯瞰画像をリアルタイムに表示するもので、ドライバーの死角をなくし、安全性を高める。

Fine Eyes Monitor SVの構成機材

 システムは、前方、左右の側方、後方のカメラ、サラウンドビューユニット、IP65防水モニターで構成されている。

 この他、カメラはIP69Kの規格に適合しており、防じん・防水性に優れる。運転席から見やすい9インチモニターを装着し、各機材は重機の駆動による揺れにも対応した高振動に耐えうる安全設計となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.