ニュース
» 2019年06月17日 08時39分 公開

FM:健康促進と生産性向上に向け「ウェルネスサポートシステム」の開発に着手

大成建設ら3社は、オフィスで働く従業員のバイタルデータをリアルタイムで計測・分析する「ウェルネスサポートシステム」の開発に着手した。

[谷川整,BUILT]

 大成建設、カネカ、コルラボの3社は、オフィスで働く従業員の心拍などの生体情報、いわゆるバイタルデータをリアルタイムで計測・分析する「ウェルネスサポートシステム」の共同開発に着手した。データの分析結果をもとに、従業員には各自の疲労などの状態を通知し、空調/照明といった室内環境を適切に制御することで、健康促進と生産性の向上を支援する。

データ収集を進め将来のオフィス設計にも活用

リアルタイムバイタルセンシング・分析の使用活用イメージ 出典:大成建設

 ウェルネスサポートシステムではまず、大成建設の従業員の机上にバイタルセンサーを設置する。センサーは特別な操作を必要とせずストレスフリーで従業員の身体状態のデータを計測することができる。収集した情報を分析し、個々の従業員の疲労や緊張などの状態を明らかにする。

環境制御と行動の誘導を進め適切な身体状態へ導く 出典:大成建設

 身体状態の分析結果は、従業員のPCなどの端末画面に表示することで、働く本人への“気付き”を提供。ワークスペースの選択や、休憩、集中、リラックスなどの行動を促す。さらに、バイタルデータを空調/照明など室内環境の制御にも適用する。職場全体における健康環境の傾向把握にも用いる他、将来的にはオフィス設計のノウハウにもフィードバックさせ、より効果的な環境改善につなげる。

 大成建設は、オフィスをはじめ販売店舗や工場など、さまざまな施設に対応したシステムを提供し、基本機能の開発と実証を進めていく考えだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.