ニュース
» 2019年06月10日 07時13分 公開

建装材:3Mがインスタでダイノックフィルムの事例投稿、タップでサンプル請求が可能に

3Mは、国内で豊富な実績を有する建装材「ダイノック フィルム」で施工された写真をInstagramに投稿を始める。設計者やデザイナーは、3Mのアカウント投稿された写真で気になるものがあれば、ダイレクトにサンプルを請求することが可能になる。

[石原忍,BUILT]

 スリーエム ジャパンは2019年6月7日、写真共有アプリ「Instagram」で、内外装材「3M ダイノック フィルム」の施工事例紹介とサンプル請求の受け付けを開始した。Instagramを通じた建装材のサンプル請求は、国内の建築業界でも珍しい取り組み。

Instagram上の採用事例が設計のアイデアに

 3Mは、3M ダイノック フィルムで施工された写真をInstagramに投稿する。設計者やデザイナーは、Instagram上からさまざまな導入事例を知ることができ、気になった案件の画像をタップするだけで、実際に使われているフィルムのサンプルを入手できる。

 これまでは、1000柄以上を網羅した分厚いサンプル帳で、デザインに合致した品番を探し出し、公式HPからサンプルを求めていたが、SNSであれば、スムーズかつ直感的にイメージに近い建装材の選定が行える。

Instagramに投稿された事例(左)、拡大画面(中央)、クリックで散布請求ページへ(右) 提供:スリーエム ジャパン

 3M ダイノック フィルムは、粘着剤付きの塩ビ化粧フィルムで、木目調や石、和紙タイプ、抽象柄など豊富なバリエーションが用意され、柄数は1000点を超える。これまでに、フランチャイズチェーン系の店舗やオフィス、ホテルなどの壁面をメインに、インテリア/エクステリア装飾として多数導入されている。

 Instagramへの展開について、グラフィックス&アーキテクチュラルマーケット事業部 アーキテクチュラルマーケットマーケティング部 マネジャーの岸麻美氏は、「サンプル帳の小さいチップサンプルのみにとどまらず、実際に大面積に施工された数多くの採用事例を目にしてもらうことを考えた。生活シーンからも多様なインスピレーションを得ている設計者やデザイナーが、日常的に利用しているSNSを通じて、“アイデアのきっかけ”にしてもらえれば」とコメント。

 3Mでは、2018年に施工シミュレーションの時短にこだわったiPhone向けアプリも公開している。今後は、新たなデジタルデバイスを活用することで、設計者、デザイナーを多面的にサポートしていくとしている。

 Instagramのアカウントは3mjapan。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.