ニュース
» 2019年05月27日 08時14分 公開

庄司建設工業の原価管理と財務会計のデータを一元化、TSOSがシステム構築

東芝ソリューション販売(TSOS)が納入構築した庄司建設工業の「工事原価管理システム」が本格稼働を開始した。システム導入により原価管理と財務会計のデータが一元化され、業務の効率化と迅速化、決算の早期化などが可能となる。

[BUILT]

 東芝ソリューション販売(TSOS)は2019年4月、福島県南相馬市のゼネコン庄司建設工業に同社が納入構築した「工事原価管理システム」が稼働を開始したと発表した。 

 システム構築にあたっては、原価管理と財務会計データの一元管理を目標とした。従来のシステムでは、請求仕訳データと入金仕訳データを別システムで管理。案件管理情報と受注管理データも分離していたため、余計な入力工数が発生し、スムーズな業務運用を妨げていた。

photo リニューアルの効果について 出典:東芝ソリューション販売

 新システムでは、原価管理と財務会計データ、案件管理情報と受注管理データを自動連携させ、オペレーションを簡略化。これまで手作業で処理していた見積管理や手形管理、未請求(未入金)状況管理なども、システム化により効率化と迅速化を実現したという。

 システムを一元化したことで、ファームバンキングのデータ伝送の簡略化による決算早期化やシステム保守費用の削減など、副次的な効果も生まれているとしている。

 庄司建設工業の従来システムは自社開発したもので、工事の受発注や入金データのシステム化には対応できていた。しかし事業拡張に伴い、仕訳の2重入力や請求書との比較照合チェックなどの作業負荷が増大し、誤入力も増えてきたことから、今回の新システム導入に踏み切った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.