ニュース
» 2019年04月02日 07時34分 公開

前田建設のICIラボ「エクスチェンジ棟」が国内初“LEED V4”でプラチナ認証取得(2/2 ページ)

[BUILT]
前のページへ 1|2       

「BELS」の☆☆☆☆☆と、「ZEB」「CASBEE」を取得済み

 ICIラボを構成する4施設の一つ、エクスチェンジ棟は、「建設地の恵まれた自然環境と高効率機器を最大限に活用した、ZEBと知的生産性向上を実現する次世代型のオフィス」をコンセプトに設計。これまでにも、建築物省エネルギー性能表示制度「BELS(Building-Housing Energy-Efficiency Labeling System)」の「☆☆☆☆☆(ファイブスター)」と、1次エネルギー消費量水準の最高ランク「ZEB」認証を取得。さらに「CASBEE(建築環境総合性能システム)」でも、最高のSランクを獲得している。

 前田建設工業では、LEED認証への取り組みに当たって、国内でいまだ取り組み事例が無かったLEEDの最新バージョン「V4」に挑戦。その中での最高評価となるプラチナを目指し、設計、施工、調達および技術研究所(現・ICI総合センター)のメンバーが互いに連携したことが、結果として認証獲得につながったという。

 ICIラボ エクスチェンジ棟は、構造がRC+S造で柱は鉄筋コンクリート梁(はり)と鉄骨で、地上3階建て建築面積783.94平方メートル、延べ床面積2122.20平方メートル。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.