ニュース
» 2023年10月12日 07時00分 公開

積水ハウスと博報堂、スマートホームサービスで得た生活ログをAI解析で「行動の源泉」可視化へAI

積水ハウスと博報堂は、共同プロジェクトを開始した。積水ハウスのスマートホームサービス「PLATFORM HOUSE touch」を介して蓄積したビッグデータをAIで解析する。

[BUILT]

 積水ハウスと博報堂は2023年9月20日、共同プロジェクトを開始したと発表した。積水ハウスのスマートホームサービス「PLATFORM HOUSE touch」を介して蓄積したビッグデータをAI(人工知能)で解析する。

サービス提供者との新サービスの共創を目指す

 PLATFORM HOUSE touchでは、家族構成や間取りなどと関連付けた「生活ログ」をスマートホームにおけるデータとして蓄積している。

スマートホームサービス「PLATFORM HOUSE touch」 スマートホームサービス「PLATFORM HOUSE touch」 出典:積水ハウスプレスリリース 

 今回の共同プロジェクトでは、これらを個人情報を省いた形でAIにより解析し、住まい手の特徴的な生活意識が現れる瞬間や生活習慣、行動の源泉を推測して可視化。2023年度内に解析のプロセスをアルゴリズム化し、解析を開始する計画だ。

AI解析のイメージ AI解析のイメージ 出典:積水ハウスプレスリリース 
ワークプロセス ワークプロセス 出典:積水ハウスプレスリリース 

 データは、あらかじめ同意を得た顧客の情報のみを解析に用いる。外部のサービス提供者とのデータ連携も予定しているが、データ提供の際も同じく顧客の同意を前提とする。

 両社が実際に、生活ログデータの可視化や教師なし学習をベースとした分析を実施したところ、仕事と家事を高頻度で切り替えるような「職住融合スタイル」が新たな家族像として浮かび上がったという。

生活ログから見えてきた職住融合スタイルの一例 生活ログから見えてきた職住融合スタイルの一例 出典:積水ハウスプレスリリース 
生活ログから見えてきた家族像/人物像 生活ログから見えてきた家族像/人物像 出典:積水ハウスプレスリリース 

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.