ニュース
» 2023年07月19日 09時00分 公開

竹中工務店が建機のCO2排出量を自動モニタリング 稼働状況を検知するIoTデバイス「どんだけ」と連携カーボンニュートラル

竹中工務店は、建機の稼働または停止を自動検知するIoTデバイス「どんだけ」を開発し、CO2排出量モニタリングシステムと連携することで、建機のCO2排出量自動モニタリングを開始した。

[BUILT]

 竹中工務店は2023年6月27日、竹中グループCO2削減長期目標を達成するため、建設機械のCO2排出量の自動モニタリングを開始したと発表した。

IoTデバイス「どんだけ」と「CO2排出量モニタリングシステム」を連携

 CO2排出量の自動モニタリングは、竹中工務店とアルモが開発した建機の稼働や停止を自動検知するIoTデバイス「どんだけ」と、ユアサ商事とともに2023年1月に共同開発した「CO2排出量モニタリングシステム」を連携させて実現した。

 IoTデバイスのどんだけは、電流を検出するセンサーと防水ケースに内蔵した通信装置で構成。どんだけを建機のバッテリーに取り付けることで、稼働または停止の状態が分かる。検知した情報を内蔵した通信装置から、CO2排出量モニタリングシステムに送り、建機の稼働時間をもとにCO2排出量を算出する。

IoTデバイス「どんだけ」 IoTデバイス「どんだけ」 出典:竹中工務店プレスリリース

 一方のCO2排出量モニタリングシステムは、ゼロボードの建設業界向けGHG(温室効果ガス)排出量算定/可視化ツール「zeroboard construction」に、自動データ収集機能を実装させたシステムとなる。

CO2排出量モニタリングシステム CO2排出量モニタリングシステム 出典:竹中工務店プレスリリース

 竹中工務店では、2023年2月1日以降着工した全新築工事にCO2排出量モニタリングシステムを導入。今後は、機械保有会社やレンタル会社と、どんだけの運用体制を整備することで、建設現場への導入を推進し、CO2排出量モニタリングシステムとの連携により、CO2排出量を自動モニタリングする適用範囲の拡大を図っていく。

 竹中工務店の建設現場から排出されるCO2のうち、スコープ1(重機などの稼働に使う軽油由来)が約75%、スコープ2(場内照明や仮設事務所などに使う電力由来)が約25%となっている。CO2削減長期目標の第一目標となる2030年に、スコープ1+2の2019年比46.2%削減の達成に向け、モニタリングシステム導入によって建設現場でのCO2削減策の効果と検証、全社で状況を把握し、効果的な削減策の抽出や水平展開を図り、CO2排出量の目標管理をきめ細かく行う。

 CO2排出量の自動モニタリング導入により、建設現場で使用する全てのエンジン式建機のCO2排出量算出で、機械台数などの手入力が不要となり、省力化が図れるとともに、より精度の高い排出量がタイムリーに把握できる。既に工事中のプロジェクトで、クローラクレーン、杭打機、油圧ショベル、フォークリフト、高所作業車、発電機への適用を進めているという。

IoTデバイス「どんだけ」設置状況 IoTデバイス「どんだけ」設置状況 出典:竹中工務店プレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.