ニュース
» 2023年07月07日 18時00分 公開

Skydioが“遠隔操作による目視外飛行の飛行許可”を取得、全国で補助者なしの遠隔飛行が可能にドローン

AIによる自律飛行が特長の米ドローンメーカーSkydioは、同社の機体とソフトウェアに関して、無人航空機の飛行「カテゴリーII」で「無人航空機の飛行に関する許可・承認」を得た。

[BUILT]

 米ドローンメーカーSkydioは、国土交通省 航空局より、無人航空機の飛行「カテゴリーII」で「無人航空機の飛行に関する許可・承認」を受けたと公表した。

 飛行許可の取得は、Skydioが日本国内で展開する全てのドローン機体と搭載ソフトウェア種類が対象で、一部例外を除いた日本全国で、場所や時間を問わず運用規模を広げて、遠隔操作による目視外飛行を柔軟に行うことを可能にする。

飛行手続きもドローン情報基盤システムに登録するだけで完了

 日本では、慢性的な人手不足により、点検業務の効率化や生産性向上の対応が急務となっている。また、保守点検業務の現場では、危険が伴い、安全かつ慎重な作業が求められているため、昨今では課題解決策としてドローン技術が注目されている。

 しかし、従来の飛行許可では、自然災害後の急な点検や点検周期が定まらなかったりする場合の目視外飛行では、飛行中の機体を目視で確認するする補助者の配置が義務付けられていた。そのため、点検対象のインフラや現場状況によっては、補助者の配置が困難であったり、目視外飛行の実施場所を特定した飛行承認にも時間がかかったりしていた。

 今回の飛行許可取得により、現場における補助者の配置の必要がなくなり、Skydioのドローンでより安全かつ柔軟に、遠隔操作での目視外飛行を実施することが可能になった。また、飛行許可で承認された安全対策を実施することで、事前に国土交通省 航空局が運用する「ドローン情報基盤システム(DIPS 2.0)」に飛行計画を通報(データ登録)するだけで済み、飛行手続きも簡略化される。

 AIによる自律飛行技術を強みとするSkydioのドローンは、クラッシュリスクを最小限に抑え、360度全方位の障害物回避機能などを備え、従来のマニュアル操作のドローンでは困難だった近接距離で、あらゆるインフラ構造物の点検で安全に活用できる。

 今後は、国内で展開するエンタープライズ向け製品の中でも特に、「Skydio Dock(スカイディオ ドック)」と「Skydio Remote Ops(スカイディオ リモートオペレーションズ)」の展開に注力。Skydio Dockは、過酷な屋外環境や複雑な屋内施設の環境下でも配置できる離着陸基地となるドローンポートで、操縦者1人のみで遠隔からの自動操作が可能になる。遠隔制御ソフトウェアのSkydio Remote Opsを用いれば、操縦者なしで完全な自律飛行も実現する。

ドローンポート「Skydio Dock」 ドローンポート「Skydio Dock」 出典:Skydioプレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.