ニュース
» 2023年03月13日 10時00分 公開

“大阪万博”を見据え重量物運搬ドローンの飛行実証を本格化、アクティオ×竹中工務店ドローン

アクティオと竹中工務店は、独自開発した重量物運搬ドローンを大阪万博の建設工事で活用すべく、飛行実証に関する本格的な取り組みを開始した。

[BUILT]

 総合建設機械レンタルのアクティオは2023年3月3日、竹中工務店と共同で、重量物運搬ドローンの実証試験を重ねてきたが、2023年春から始まる大阪万博の建設工事での実用化を見据え、飛行実証に関する本格的な取り組みを開始すると発表した。

最大49キロの荷物を運搬する重量物運搬ドローンを開発

飛行状況 飛行状況 出典:アクティオプレスリリース

 大阪府大阪市住之江区のアクティオ大阪 DL センターから大阪・関西万博の会場となる此花区の夢洲(ゆめしま)までは陸路にして約4キロ程で、道路が少なくアクセスが限られており、渋滞が予想されるため、建設工事で使用する機材などの運送に時間がかかることが懸念点となっていた。

 そこで、いち早く現場に機材などを輸送する手段として、大型ドローンによる運搬を検討している。具体的には、古河産業と共同で、最大49キロの荷物を運搬することができる重量物運搬ドローンを開発した。

資材投入状況(専用箱と吊り下げ式) 資材投入状況(専用箱と吊り下げ式) 出典:アクティオプレスリリース

 開発したドローンは、横揺れ・縦揺れに対して自動でコンパスをキャリブレーションする機能を搭載し、安全かつ操縦者の負担も少ない。ドローンは自律飛行し、水中ポンプや電工ドラムといったアクティオのレンタル商材に加え、弁当やドリンクなども海上ルート輸送、または地上ダイレクト輸送で想定しています。

 アクティオは今後も、レンサルティングのノウハウを生かし、現場のニーズに応える製品やサービスの提供を行っていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.