調査リポート
» 2022年03月08日 07時00分 公開

住宅ローン返済に利用者の30%以上が苦悩、コロナ禍の住宅ローンへの影響を調査不動産市況(1/2 ページ)

ウィルファクトリーは、現在住宅ローンを利用している全国の男女304人を対象に、「コロナ禍が及ぼす住宅ローンへの影響」に関する意識調査を行った。調査結果によれば、全体の30%以上がコロナ禍で住宅ローン返済に頭を抱えていることが分かった。

[BUILT]

 ウィルファクトリーは、現在住宅ローンを利用している全国の男女304人を対象に、インターネット上で選択式のアンケートを用いて、「コロナ禍が及ぼす住宅ローンへの影響」に関する意識調査を2022年2月9〜12日に行い、結果を同年3月1日に発表した。

借り換えを知っているが検討していない人は全体の60.7%

 調査結果によれば、「コロナの影響で住宅ローン返済が苦しくなったと感じるか」と、対象者に質問したところ、「苦しくなったとは感じない」と答えた人は全体の65.3%で過半数となった。一方、「やや苦しくなった」は25.3%で、「とては苦しくなった」は9.4%となり、全体の30%以上がコロナ禍で住宅ローン返済に頭を抱えていることが分かった。

「コロナの影響で住宅ローン返済が苦しくなったと感じるか」への回答 出典:ウィルファクトリープレスリリース

 「住宅ローンは他の金融機関に借り換えできることを知っているか」と対象者に尋ねたところ、「知っているが検討はしていない」と回答した人は全体の60.7%で半数を超えた。

「住宅ローンは他の金融機関に借り換えできることを知っているか」への回答 出典:ウィルファクトリープレスリリース

 さらに、前述の「コロナの影響で住宅ローン返済が苦しくなったと感じるか」で、「とても苦しくなった」人のうち35.2%、「やや苦しくなった」人のうち37.8%が、住宅ローンを他の金融機関に借り換え可能なことを「知らなかった」とした。加えて、「苦しくなったと感じていない」人のうち、「借り換えできることを知らなかった」は24.1%で少なかった。

「コロナの影響で住宅ローン返済が苦しくなったと感じるか」の回答者別、「住宅ローンは他の金融機関に借り換えできることを知っているか」への回答 出典:ウィルファクトリープレスリリース

 年齢別では、若年層である25〜34歳の住宅ローン利用者のうち41.8%が、「借り換えができることを知らない」と返答し、他の年齢層と比較して多い結果となった。

年齢別、「住宅ローンは他の金融機関に借り換えできることを知っているか」への回答 出典:ウィルファクトリープレスリリース
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.