ニュース
» 2022年02月25日 13時00分 公開

岩手県胆沢郡金ケ崎町で延べ2.3万m2の物流施設が着工、大和ハウスリテール&ロジスティクス

大和ハウス工業は、岩手県胆沢郡金ケ崎町の「岩手中部工業団地内」で約7万8700平方メートルの敷地を2021年1月に取得した。現在、獲得した敷地に物流施設や工場など、計3棟の施設を建設する計画を進行中で、1棟目となる物流施設「DPL岩手金ケ崎」が2021年12月1日に着工したことを公表した。

[BUILT]

 大和ハウス工業は、岩手県胆沢郡金ケ崎町で開発を進める物流施設「DPL岩手金ケ崎」の概要を2021年11月12日に発表した。

金ケ崎町と「災害発生時における物資集積協力に関する協定書」を締結

 開発地は、東北自動車道「北上金ケ崎インターチェンジ」から約3.7キロの場所にあり、医薬品や半導体、自動車の3大産業が集積している「岩手中部(金ケ崎)工業団地」内に位置している。

 PL岩手金ケ崎は、最大6テナントが入居でき、1区画当たりの専有面積は約2700〜4300平方メートルで、各区画に事務所を設ける。さらに、庫内にトラックバースを配置するため、天候の影響を受けずに荷物を積み下ろせる。

 加えて、半導体・自動車部品関連やインターネット通販事業者、小売業者、東北方面への配送を手掛ける事業者など、複数のテナント企業入居を想定したマルチテナント型物流施設として、昨今の物流業界における市場環境の変化に伴った幅広いニーズに応える。

「DPL岩手金ケ崎」の外観イメージ 出典:大和ハウス工業プレスリリース
「DPL岩手金ケ崎」の外観イメージ 出典:大和ハウス工業プレスリリース

 また、大和ハウス工業は、金ケ崎町と「災害発生時における物資集積協力に関する協定書」を2021年11月12日に締結し、災害発生時に、DPL岩手金ケ崎を支援物資の一時保管や集積場所として使えるようにしている。

DPL岩手金ケ崎の概要

 DPL岩手金ケ崎は、S造平屋建てで、延べ床面積は2万308.31平方メートル。所在地は岩手県胆沢郡金ケ崎町西根森山3番で、敷地面積は3万6517平方メートル。建築面積は2万1607.70平方メートルで、賃貸面積は2万114.83平方メートル。設計・施工は平野組が担当し、着工は2021年12月1日で、竣工は2022年9月15日で、入居は2022年10月上旬を予定している。

「DPL岩手金ケ崎」の位置図 出典:大和ハウス工業プレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.