ニュース
» 2022年01月07日 08時00分 公開

日立、フィリピンで鉄道システム案件向け昇降機67台を受注導入事例

日立ビルシステムと日立製作所は、フィリピンの南北通勤鉄道向けに昇降機67台を受注したことを発表した。フィリピンにおいて日立グループでは初の鉄道システム向け案件となる。

[BUILT]

 日立ビルシステムと日立製作所は、日立エレベーターフィリピン社を通じて、North-South Commuter Railway(南北通勤鉄道:以下、NSCR)のフェーズ1プロジェクト向けの昇降機67台を受注したことを発表した。今回の受注は、フィリピンにおいて日立グループでは初の鉄道システム向け案件であり、昇降機の受注としては過去最大級のものになる。

 NSCRのフェーズ1プロジェクトは、フィリピン政府が全面的に主導する案件で、首都マニラおよび近接する地域の既存の公共交通を拡張し交通渋滞の緩和を目指すものだ。ブラカン州マロロス市からマニラ市ツツバンまでの38キロメートルを結ぶ鉄道路線で、1日に20万人以上の通勤客の利用が見込まれている。

North-South North-South Commuter Railway(南北通勤鉄道)の外観イメージ 出典:日立ビルシステムのプレスリリース

 同プロジェクトは契約者の異なる2つの契約パッケージ(CP)で構成され、日立エレベーターフィリピン社は、大成建設・DMCI JV(Joint Venture)が担当するCP01については、エレベーター13台、エスカレーター26台となる。三井住友建設が担当するCP02については、エレベーター8台、エスカレーター20台を受注し、2023年5月までに納入する。

 フィリピンの昇降機市場規模は、2019年から2025年にかけて年率5.5%の成長が見込まれている。新型コロナウイルスの感染拡大により、年間3700台程度だった昇降機需要が2300台程度に落ち込んでいるものの、今後数年において都市化の進展、急速な建設の拡大により昇降機業界は大きく拡大すると予想されているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.