ニュース
» 2021年12月08日 13時00分 公開

三菱地所が大阪府交野市で延べ2万m2の物流施設の開発に着手、冷凍・冷蔵機能を搭載リテール&ロジスティクス

三菱地所は、大阪府交野市星田北で、2022年11月の竣工に向け計画を進めていた冷凍・冷蔵機能を備えた物流施設「ロジクロス大阪交野」の開発に着手した。竣工後は、荒木運輸が一括で借り上げることが内定している。

[BUILT]

 三菱地所は、大阪府交野市星田北で、計画を進めていた冷凍・冷蔵機能を備えた物流施設「ロジクロス大阪交野」が2021年11月15日に着工したことを同日に発表した。

京都府と大阪府の2大消費地への配送に対応

 開発地の交野市は、京都府と大阪府のほぼ中央に位置する希少性の高い大阪内陸部の物流適地で、Osaka Metro「梅田駅」から20キロ圏内にあり、京都都心からも30キロと2大消費地をカバーする。

 さらに、名神のバイパスで産業集積地門真に直結する第二京阪道路「交野南インターチェンジ(IC)」や「寝屋川北IC」に近接しており、大阪府と京都府へスムーズにアクセスできるため、広域配送にも応じる。最寄り駅のJR学研都市線「星田」駅から徒歩約10分のエリアにあり、駅周辺には居住性が存在し雇用を確保しやすい環境にある。

物流施設「ロジクロス大阪交野」 出典:三菱地所プレスリリース

 ロジクロス大阪交野は、地上4階建てのBTS型物流施設で、冷凍、冷蔵、常温の3温度帯に対応した冷凍・冷蔵倉庫。加えて、国土交通省が定めた「建築物の省エネ性能表示のガイドライン(建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針)」に基づく第三者認証制度の1つである「BELS」を取得する予定だ。

ロジクロス大阪交野の概要

 三菱地所は、S造地4階建てのボックス型で、延べ床面積は約2万800平方メートル。所在地は大阪府交野市東部大阪都市計画事業 星田北土地区画整理事業10街区7-1〜70画地(仮換地)、9画地(保留地)で、敷地面積は約1万200平方メートル。着工は2021年11月15日で、竣工は2022年11月を予定している。

物流施設「ロジクロス大阪交野」の広域地図(左)と狭域地図(右) 出典:三菱地所プレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.