ニュース
» 2021年12月07日 09時00分 公開

ヒヤリハット報告のデジタル化を実現したアプリケーション、戸田建設ICT

戸田建設は、新ヒヤリハット報告に対応したアプリケーション「ヒヤリポ」を開発した。同社は、ヒヤリポの現場導入に先立ち、複数現場でのトライアルを実施し、現場利用における詳細なニーズや課題の抽出をベースに、必要な機能改善を行っている。今後は、ヒヤリポの効果測定を行う他、収集したデータを既存安全関連データと組み合わせて分析した結果を基に機能を検証していく。

[BUILT]

 戸田建設は、現場のヒヤリハット※1報告および建設業労働災害防止協会(建災防)の知見をベースに開発された新ヒヤリハット報告に対応したアプリケーション「ヒヤリポ」を開発したことを2021年11月2日に発表した。

※1 ヒヤリハット:災害や事故に直結していたかもしれない一歩手前の出来事を表現した業界用語

ヒヤリハットのフィードバックにも対応

 これまでヒヤリハットの報告および集計は、紙のKY記録表※2に記入する方式が採用されており、報告の確認やその後の集計に時間がかかる他、書き込むタイミングが遅れてしまい、正確な情報の伝達が難しかった。

※2 KY記録表:「危険予知活動」の頭文字を取ってKY活動と呼んでいる

 そこで、戸田建設は、新ヒヤリハット報告に対応したアプリのヒヤリポを開発し、作業員のスマートフォンでヒヤリハットの報告を行えるようにして、よりタイムリーで正確な情報収集を実現した。ヒヤリポは、各作業員保有のスマートフォンにインストールすることで、さまざまな業員からの報告作業を容易にできる。

「ヒヤリポ」により「ヒヤリハット報告の例」 出典:戸田建設プレスリリース

 具体的には、ヒヤリポのユーザーインタフェースは、作業員に親しみやすく、操作性を意識したデザインを採用している。さらに、ヒヤリハット報告を4ステップに分割することにより任意のタイミングで、必要に応じた詳細な報告が可能。加えて、他の作業員が記入した報告事例を読め、ヒヤリハット報告の元請社員への通知と元請社員からのフィードバックに応じる。

 ヒヤリハット報告に対しては、ポイント付与機能により伝えやすい風土の醸成をサポートし、管理画面で現場報告のリアルタイムな集計と可視化も行える。また、建災防が算出した建設業全体におけるヒヤリハットの平均値と推奨される安全衛生活動も表示する。

「ヒヤリポ」の管理画面 出典:戸田建設プレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.