ニュース
» 2021年11月24日 13時00分 公開

小田急不動産が中部エリアで初の物件開発、愛知県一宮市で延べ2.6万m2の物流施設が着工リテール&ロジスティクス

小田急不動産は、愛知県一宮市で、2022年8月の竣工に向け、物流施設の開発をスタートした。なお、同社が愛知県を含む中部エリアで不動産開発に取り組むのは今回の施設が初となる。

[BUILT]

 小田急不動産は、愛知県一宮市で、2022年8月の竣工に向け、物流施設の開発に着手したことを2021年11月4日に発表した。

トラックバース側には遮音壁を搭載

 開発地は、名神高速道路「一宮インターチェンジ(IC)」から約5.8キロの場所にあり、名古屋高速16号一宮線「一宮中IC」から約2.5キロのエリアに位置し、名古屋市を中核とした消費地への配送拠点や中部エリアの広域配送拠点として役立つ。

建物の完成予想図 出典:小田急不動産プレスリリース

 建物は、4層ボックス型のドライ倉庫施設で、敷地の一部を歩道状空地として開放する他、トラックバース側には遮音壁を備えるなど、周辺環境にも配慮する。倉庫は、柱スパンが10×11メートルで、梁(はり)下有効天井高は5.5メートル。トラックバースは22台分(高床式)で、トラック待機場は8台分を完備する。駐車場は、普通車用が78台分で、軽自動車用が3台分となる見込みだ。

物流施設の概要

 今回の物流施設は、S造4階建てで、延べ床面積は2万6967.97平方メートル。所在地は愛知県一宮市貴船町三丁目7番外(地番)で、敷地面積は1万3246.81平方メートル。設計・施工は矢野建設が担当し、監修はさくらマネジメントが担う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.