ニュース
» 2021年09月25日 11時00分 公開

フジタがドローンの自動発着システムで“レベル3”「目視外補助者なし飛行」を実現、出来形管理を省人化ドローン

フジタは、ドローン操縦者や補助者無しに、測量から土量算出までの出来形管理を完全自動化する「全自動ドローンシステム」をトンネル工事現場に適用し、業務時間が4分の1に短縮されることを実証した。

[BUILT]

 大和ハウスグループのフジタは、センシンロボティクスと共同で、オペレーターの介在なしに、現場内の安全巡視や測量業務を行う建設現場向け「全自動ドローンシステム」を開発した。2021年7月時点で、建設現場では国内初とする目視外補助者なし飛行(レベル3)を、実現場への適用で成功させたという。

出来形管理の業務時間を4分の1に短縮

 全自動ドローンシステムは、センシンロボティクスが提供する自動離着陸、自動充電、開閉式ハッチなどを備えたドローン基地「SENSYN Drone Hub」と、フジタの建設現場での安全巡視ノウハウや切盛土工事で日々の出来高管理が容易に行える独自技術「デイリードローン」、標定点と呼ばれる測量用の目印を設置せずに高精度な出来形計測を行う「斜め往復撮影ドローン」を組み合わせたシステム。指定時刻に基地からドローンが自動的に離陸し、事前に指定したルートを通り、測量と安全巡視を実施後に自動で基地に着陸して、充電を実行するまでの一連の流れが現場実用レベルで自動化されている。

全自動ドローンによる測量・安全巡視 出典:フジタプレスリリース

 自動安全巡視では、現場事務所や遠隔拠点から現場内の様子をリアルタイムでの把握が可能。撮影後の画像確認時には、AIを活用した対象物の自動抽出で、撮影日の異なる同じ場所の画像を比較すれば、現場の変化が一目で分かるメニューも搭載している。

自動安全巡視AI変状比較(車両抽出) 出典:フジタプレスリリース

 全自動ドローンシステムの現場適用は、徳島県小松島市で施工中の「令和元−4年度横断道羽ノ浦トンネル工事」に導入し、1日あたりで安全巡視2回と写真測量1回の作業を1カ月間行った。導入効果としては、測量から土量算出までの出来形管理に要する業務時間が従来の4分の1に短縮され、業務効率が50%アップ。これまで必須だったドローン操作や補助に携わる人員2人の配置が不要となり、省人化にもつながった。

 他にも、日々の出来高を土量推移で確認することで工事原価の適正管理につながることや日々の施工進捗が空撮で可視化されるため、施工計画の変更にも即対応できることなどがメリットとして挙げられる。

全自動ドローン運用状況 出典:フジタプレスリリース

 これまで全自動ドローンシステムは、建設現場での省力化・省人化に向け、2年前から開発に着手。複数現場での実証試験による改良を繰り返し、さまざまな現場に応じられるように機能の向上に取り組んできた。フジタではレベル3での実証について、ドローンの目視外補助者無し飛行は現在、許可申請が必要だが、将来的に目視外飛行や無人飛行に関する各種規制要件が緩和されることを想定し、今回の現場での無人運用に至ったとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.