ニュース
» 2021年10月15日 08時00分 公開

芝浦機械と三井不、環境配慮型施設「MFLP座間」を共同開発プロジェクト

芝浦機械と三井不動産はZEB認証取得など環境配慮型施設の共同開発事業を発表した。芝浦機械の相模工場の一部敷地に、三井不動産が大型物流施設「(仮称)MFLP座間」を建設する。完工は2023年9月を予定。

[BUILT]

 芝浦機械と三井不動産は2021年9月29日、ZEB認証取得など環境配慮型施設の共同開発事業を発表した。神奈川県座間市ひばりが丘における芝浦機械の相模工場の一部敷地で、三井不動産が大型物流施設「(仮称)MFLP座間」を建設する。着工は2022年5月、完工は翌年9月を予定している。

 同計画はZEB認証の取得を予定しており、屋上に設置する太陽光パネルによる再エネ電力供給や、屋内照明のLED化により省エネを推進する。この他、自然災害時に備えた非常用発電設備や備蓄品の確保、敷地内緑地における歩行者空間の提供など、環境に配慮したサステナブルな物流施設を目指す。

「(仮称)MFLP座間」完成イメージ 「(仮称)MFLP座間」完成イメージ 出典:三井不動産

 施設は、東京と神奈川・静岡東部を結ぶ国道246号線に面する約6万2810平方メートルの敷地に、ダブルランプウェイを備える地上4階建て合計延床面積約13万平方メートルのマルチテナント型の物流施設となる。

 同施設の最寄り駅はJR相鉄線 さがみ野駅で、徒歩10分。東名高速道路 綾瀬スマートICは約4.5キロメートル先にあり、横浜町田ICや圏央道・厚木IC、国道16号線へもアクセスがしやすいとしている。

広域図 広域図 出典:三井不動産

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.