ニュース
» 2021年10月08日 13時00分 公開

「埼玉県子育て応援マンション」に認定の抗ウイルス・抗菌マンションが和光市で着工プロジェクト

大和ハウス工業は、埼玉県和光市で、2022年2月の竣工に向け新築分譲マンション「プレミスト和光丸山台」の開発に2021年2月5日に着手した。

[BUILT]

 大和ハウス工業は、埼玉県和光市で、建設中の新築分譲マンション「プレミスト和光丸山台」を2021年9月11日に発売した。

ウイルスを99.9%不活化するオレフィン化粧シートを床材や建具に採用

 計画地は、東武東上線/東京メトロ有楽町線/副都心線「和光市」駅から徒歩10分の高台に位置している。和光駅は、東京メトロの始発駅で、「池袋」駅や「有楽町」駅など、都心部へ直結しているため、通勤や通学にも役立つ。徒歩圏内には、商業施設や飲食店、医療施設、教育施設などが林立し、生活利便性も高い。

新築分譲マンション「プレミスト和光丸山台」 出典:大和ハウス工業プレスリリース

 プレミスト和光丸山台では、ニューノーマル時代の新しい生活様式に対応するため、抗ウイルス・抗菌加工を施した建材を採用するとともに、非接触キーや人感センサー付きスイッチなど感染症のリスクを減らす設備を導入する。

 具体的には、各住戸に無機の銀系抗ウイルス・抗菌剤を含んだ凸版印刷製の特殊コーティング材を施したオレフィン化粧シートを床材や建具に取り付ける。凸版印刷によれば、特殊コーティング材の効果は、特定ウイルスが24時間で99.9%以上減少し、大腸菌、黄色ブドウ球は24時間で99.9%以上不活性化をすることを確認しており、抗菌製品技術協議会(SIAA)の認証を受けている。

化粧シート層の構成 出典:大和ハウス工業プレスリリース

 共用部のエントランスには、手洗いができる洗面台を設置する他、入居者のテレワークや勉強用のスペースとしてWi-Fi利用可能なラウンジを設ける。

共有部のラウンジのイメージ 出典:大和ハウス工業プレスリリース

 専有部では、一部の住戸にpopln(ポップイン)と共同開発した可動式の間仕切りドア「ウォールドア」を採用する。ウォールドアは、凹凸が無く、プロジェクター、スピーカー、LEDシーリングライトが一体となったプロジェクター「popln Aladdin(ポップイン アラジン)」の投映に適しており、大画面で映画鑑賞やオンラインフィットネスなどを楽しめる。

 さらに、可動式のため、リビングと洋室を広い空間にすることやテレワーク時に使用する個室のパーテーションに使え、ライフスタイルや好みに合わせたレイアウトに応じる。

「ウォールドア」への投映イメージ 出典:大和ハウス工業プレスリリース

 各専有部の玄関には、消毒用スプレーなどを置けるカウンターや上着がかけられるコートフックを標準搭載する。加えて、子供への視線が確保できるように、対面型のオープンキッチンを採用し、リビングやキッチンから子供の様子が確認しやすい間取りに仕上げる。

 敷地内には、全住戸数の3分の2を超える26台分の子供乗せ自転車が置ける1平方メートル以上の平置き駐輪場スペースを配置する。また、管理会社による家事代行サービス「ベビー&キッズシッターサービス」や片付け、掃除、洗濯まで幅広く使える「ハウスキーパー派遣サービス」を提供する見込みだ。

 上記の取り組みにより、プレミスト和光丸山台は、大和ハウス工業初の「埼玉県子育て応援マンション」に認定された分譲マンションとなる。埼玉県子育て応援マンション認定制度は、マンションの住戸内や共用部の仕様や子育て支援サービスの提供など、ハードとソフトの両面で子育てに配慮したマンションを埼玉県が認定する制度。

プレミスト和光丸山台の概要

 プレミスト和光丸山台は、RC造地上5階建てで、延べ床面積は3022.27平方メートル。所在地は埼玉県和光市丸山台ニ丁目8-1(地番)で、敷地面積は1193.12平方メートル。設計・監理はフィルツ都市建築設計が、施工は新日本建設がそれぞれ担当し、着工は2021年2月5日で、竣工は2022年2月を予定している。

「プレミスト和光丸山台」の周辺地図 出典:大和ハウス工業プレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.