ニュース
» 2021年07月05日 13時00分 公開

延べ2.4万m2のタワマンを「新札幌」駅前で開発、大和ハウス工業プロジェクト

大和ハウス工業は、北海道札幌市厚別区で、2023年5月中旬の竣工を目指し、分譲マンション「プレミストタワー新さっぽろ」の開発を進めている。

[BUILT]

 大和ハウス工業は、現在、北海道札幌市厚別区で計画を進める「新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」のI街区内で開発している分譲マンション「プレミストタワー新さっぽろ」の概要を2021年4月28日に発表した。

省エネ設備で一次エネルギー消費量を約27%削減

 新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクトでは、プレミストタワー新さっぽろやホテル、商業施設、共用駐車場の他、医療施設4棟を開発することで、隣接する「子育て支援施設」とともに、新さっぽろエリアの都市機能を充実させることを目標に掲げている。

 医療施設の1棟には、天然ガスコージェネレーションシステムを備えた「エネルギーセンター」を1階に設置する。天然ガスコージェネレーションシステムとAIを活用し、一体的なエネルギー管理を行うことで、街区全体でCO2を約35%減らす。

「新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」のイメージ図 出典:大和ハウス工業

 各施設は、JR千歳線「新札幌」駅や札幌市営地下鉄東西線「新さっぽろ」駅の両駅と屋内空中歩廊「アクティブリンク」でつなぐことで、季節や天気に左右されない歩行動線を確保する。

 プレミストタワー新さっぽろは、RC造(一部S造)地下1階/地上30階建てで、総戸数220戸の分譲マンション。専有部の間取りは1〜4LDKを用意し、専有面積は50.05〜120.34平方メートルとなる見込みだ。共用部としては、「パーティールーム」や「フィットネスルーム」、来訪者が宿泊できる「ゲストルーム」、Wi-Fi環境を構築しリモートワークにも対応した「ワーキングラウンジ」、見晴らしの良好な「スカイラウンジ」などを設ける。

「プレミストタワー新さっぽろ」のイメージ図 出典:大和ハウス工業
「プレミストタワー新さっぽろ」の共用部のイメージ図 出典:大和ハウス工業

 建物には、二重サッシやLow-E複層ガラスなどを設置し、基本性能を向上させ、パネルヒーターや熱交換形換気機器「ロスナイセントラル換気システム」などを導入することで、一般的な共同住宅に比べ、一次エネルギー消費量を約27%削減する。既に、省エネルギー性能に優れた住まいとして、政府の「平成31年度超高層ZEH-M実証事業」に採択されるとともに、BELS評価認証の最高等級を取得している。

 周辺には、駅ビル「DUO1・2」や大型ショッピング施設「イオン新さっぽろ店」、商業施設「サンピアザ」と「カテプリ」などもあるため、買い物もしやすく生活利便性に優れる。

プレミストタワー新さっぽろの概要

 プレミストタワー新さっぽろは、RC造(一部S造)地下1階/地上30階建てで、延べ床面積は2万4655.60平方メートル。所在地は北海道札幌市厚別区厚別中央1条6丁目493-37他で、敷地面積は4234.35平方メートル。アクセスは、JR千歳線「新札幌駅」から徒歩4分で、地下鉄東西線「新さっぽろ駅(4番出入口)」から徒歩4分の立地。設計はドーコンが、

施工はフジタ・大成建設特定建設工事共同企業体がそれぞれ担当し、着工は2020年7月2日で、竣工は2023年5月中旬を予定している。

「プレミストタワー新さっぽろ」の周辺地図 出典:大和ハウス工業

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.