ニュース
» 2021年10月07日 09時00分 公開

建設現場で生じるCO2排出量の計測・集計をAIで行うシステム、大成建設AI

大成建設は、AIを活用して建設現場で発生するCO2排出量を効率的に計測・集計するシステムの開発をスタートした。今後は、新システムの建設現場への適用拡大を図るとともに、全社員が参画する環境負荷低減活動に利用し、カーボンニュートラルに向けた取り組みを加速する。将来的には新システムを建設業界全体に展開することも視野に入れている。

[BUILT]

 大成建設は、AIを活用して建設現場で発生するCO2排出量を効率的に計測・集計するシステムの開発に着手したことを2021年9月9日に発表した。2023年4月を目標に全ての建設現場に対し新システムの導入を進め、同社の環境目標である「持続可能な環境配慮型社会の実現」とカーボンニュートラルの達成を目指す。

電気使用量や燃料購入金額などからもCO2排出量を算出

 大成建設は、長期環境目標「TAISEI Green Target 2050」で、2050年までに事業活動で生じるCO2排出量を実質ゼロとすることをゴールとしている。そのために、全社員が参画する環境負荷低減活動「TAISEI Sustainable Action(以下、TSA)」の展開やTSAの活動状況を定量評価する「TSAポイントシステム」の運用を2018年に開始した。

 しかし、上記の目標を達成するためには、大成建設の事業活動で、どの程度のCO2が排出されているのかを把握する必要があった。また、CO2排出量の大部分を占める建設現場では、建設機械などから発生するCO2排出量を効率的に把握することがCO2削減に向けた取り組みを行う上で重要であり、より実態に合わせた計測・集計システムの構築が望まれていた。

 さらに、従来実施されていた排出量の計測・集計は、建設機械などの稼働状況を調査し、規定の燃費情報により算出する方法が一般的となっていたが、データの集計などに時間を要し、煩雑な作業となりがちだった。

 そこで大成建設は、AIを活用して建設現場で発生するCO2排出量を計測・集計するシステムの開発に着手した。

AIを活用して建設現場で発生するCO2排出量を計測・集計する新システムのイメージ 出典:大成建設プレスリリース

 新システムは、建設現場に設置したカメラとAIの画像認識機能を用いて建設機械の稼働状況を分析しCO2の排出量を自動算出する「現場運用情報」機能を備える他、電気使用量や電子マニフェストなど、外部の取引会社から提供されるデータである「外部システム情報」を集約する機能を搭載する。加えて、燃料購入金額など支出・取引データを社内システムで管理する「社内システム情報」機能を実装する見込みだ。

「TAISEI Green Target 2050」のイメージ 出典:大成建設プレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.