ニュース
» 2021年09月29日 09時00分 公開

業務用ウェアラブルカメラで取得した映像をクラウドに残せる新サービスICT

ザクティは、同社製業務用ウェアラブルカメラで取得したフルHDの高画質映像をクラウドサーバに保存できる「Xactiクラウドサービス」を開発した。

[BUILT]

 ザクティは、同社製業務用ウェアラブルカメラを活用した遠隔支援ソリューションのサービス「Xactiクラウドサービス」を開発し、ザクティエンジニアリングサービス通じて提供を2021年7月中旬に開始した。

通信環境の無い現場ではスマートフォンへバックアップ保存が可能

 遠隔支援ソリューションは、ウェアラブルデバイスを活用し、遠隔地から現場の状況把握と指示を行えるシステム。遠隔地と現場をつなぐこのシステムは、人手不足や働き方改革への対応、災害対策などへの利用が見込まれている。

 しかし、これまで遠隔支援システムは、手軽に導入できない点や手ブレなどで映像品質に問題が多い点、遠隔支援に適した映像を保存し共有できるサービスが無いといった課題があった。

 解決策として、ザクティは2020年度に独自のシステム「ブレない遠隔支援ソリューション」を提供開始した。ブレない遠隔支援ソリューションは、スマートフォンと接続したXacti製業務用ウェアラブルカメラで得られた映像を汎用Web会議アプリケーションを通して、さまざまな場所に配信できるもので、現場の作業員と事業所で働く管理者の円滑なコミュニケーションを実現する。

「Xactiクラウドサービス」のイメージ 出典:ザクティ

 今回のXactiクラウドサービスは、ザクティ製業務用ウェアラブルカメラで取得したフルHDの高画質映像をクラウドサーバに保存する。また、通信環境の無い作業現場ではスマートフォンへバックアップ保存することで、通信環境を気にせずに映像を残せる。さらに、クラウドにアップロードされた映像は遠隔地から簡単に視聴および共有することが可能なため、現場の作業を円滑化する。

 Xactiクラウドサービスの料金プランは、初期費用が0円のスタンダードプランとヘビーユースプランの2種類。月額使用料はスタンダードプランが3000円で、ヘビーユースプランは5000円。ザクティは、2021年9月末までにザクティ製業務用ウェアラブルカメラを採用(購入、レンタル、リース)したユーザーを対象に、両プランの月額使用料が同年12月末まで無料となるキャンペーンを実施した。

「Xactiクラウドサービス」のスタンダードプランとヘビーユースプランの概要 出典:ザクティ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.