ニュース
» 2021年09月03日 09時00分 公開

窓越しの風景を鮮やかにするウインドウフィルムを開発、三井化学と丹青社製品動向

三井化学と丹青社は、窓に貼ることで、窓越しの青空や花といった風景の彩度を高められるウインドウフィルム「ポジカフィルム」を開発した。ポジカフィルムは、三井化学の100%子会社である三井化学ファインが2021年9月中の発売を予定している。

[BUILT]

 三井化学と丹青社は、三井化学がメガネレンズ材料分野でより良い視界を追求する中で生まれた技術「くっきり色素」を用いて、ウインドウフィルム「ポジカフィルム」を開発したことを2021年5月10日に発表した。

イエローライトを特定の割合で選択的にカットし彩度を向上

 ポジカフィルムは、フィルム越しに見える景色を自然に視認させつつ色鮮やかに見せるポリエステルベースのフィルム。窓に貼ると、窓越しの青空や海、緑の木々、赤い花などの色が濃く、鮮やかに感じられ、青空に浮かんだ雲の白さをより体感できる。ポジカフィルムというブランド名は、このフィルムを通して世界を眺めることで、人々がより明るくポジティブになって欲しいとの思いが込められている。

ポジカフィルムによる視覚効果 提供:丹青社

 今回のフィルムでは、くっきり色素の技術を用いて、イエローライトを特定の割合で選択的にカットすることで、フィルム越しに見える色の彩度を高め、鮮明に感じられるようにする他、白色の黄ばみを視認しづらくする。

太陽光の分光分布やポジカフィルムのカット領域(左)とポジカフィルム越しの色見えの変化イメージ(右) 提供:丹青社

 両社は現在、リゾートホテルとブライダル施設の窓ガラスや博物館のショーケース、店舗・商業施設のショーウインドウ、オフィスの窓ガラスと照明などを対象にポジカフィルムを訴求しており、引き合いがあった施設へ導入しての実証実験も開始している。なお、ポジカフィルムは、三井化学の100%子会社である三井化学ファインが2021年9月中の発売を予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.