調査リポート
» 2021年07月29日 13時00分 公開

住宅リフォーム市場のトレンドを調査、2021年第1四半期の市場規模は1.5兆円不動産市況

矢野経済研究所は、各種統計データと住宅リフォーム会社を対象に、住宅リフォーム市場の短期的な市場トレンド調査を2021年1〜3月に実施した。リサーチの結果によれば、2021年第1四半期(1〜3月)の住宅リフォーム市場規模は1兆5074億円(速報値)で、前年同期比で12.4%増と推計した。

[BUILT]

 矢野経済研究所は、各種統計データと住宅リフォーム会社を対象に、住宅リフォーム市場の短期的な市場トレンド調査を2021年1〜3月に実施し、リサーチの結果として、2021年第1四半期及び2020年度の市場規模(速報値)を2021年6月10日に公表した。

堅調に推移すれば2021年の市場規模は7兆円に

 調査結果によれば、2021年第1四半期(1〜3月)の住宅リフォーム市場規模は1兆5074億円(速報値)で、前年同期比で12.4%増と推計した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、当該期間に2回目の緊急事態宣言が発令されていたが、2017年以降で最も大きい市場規模となった。

住宅リフォーム市場の四半期別の市場トレンド推移 出典:矢野経済研究所

 また、2020年の緊急事態宣言下では、多くのリフォーム事業者が、ショールームの営業時間短縮と休業による営業自粛など、コロナ禍への対応に迫られたが、2回目の緊急事態宣言下では感染拡大対策を徹底し通常の営業活動を行ったこともあり、新型コロナウイルス感染症の影響は軽微となった。このような状況下にあっても、住空間の改善に対する出費である「設備修繕・維持関連」の支出は伸び、住宅リフォーム市場に追い風となっている。

 住宅リフォーム市場規模を年度ベースで算出すると、2020年度(2020年4月〜2021年3月)は、6兆6996億円(速報値)で、前年度比で1.6%増と予測した。2020年の上期(4-9月)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響が大きく、前年度同期比9.7%減となったが、下期(10-3月)は同13.6%増と上期のマイナス分を取り戻す形となった。

 国内では、現在も緊急事態宣言が発令され、非常に不透明な状況が続いており、2021年の市況はかなり幅のある予想となるが、2020年度後半からの勢いが継続し、住宅リフォーム市場が堅調に推移すると、7兆円に達する見込みだ。

 一方で、外出自粛といった生活の制限が減少し、旅行・レジャーやエンターテインメント関連の支出増加によって住空間の改善への支出が減り、住宅リフォーム市場が低迷する可能性もあり、2021年もコロナ禍とワクチン接種の動向に左右される1年になる見通しだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.