調査リポート
» 2021年05月19日 09時00分 公開

リフォームに関する意識調査を実施、半数以上が老朽化を理由に改修を検討産業動向(1/2 ページ)

全研本社は、コロナ禍でリフォームを検討している112人を対象に、リフォームに関するアンケート調査を行った。調査結果によれば、全体の半数以上は、老朽化を理由に、住まいのリフォームを検討していることが判明した。

[BUILT]

 全研本社は、コロナ禍でリフォームを検討している112人を対象に、リフォームに関するアンケート調査を2021年4月9〜10日に行い、調査結果を同月20日に発表した。

リビングを改修したい人は39.3%

 調査結果によれば、「あなたがリフォームをしようと思ったきっかけは何か」と複数回答可能の条件で対象者に質問したところ、「老朽化が気になるようになったから」と答えた人が全体の52.7%で最多だった。次いで、「テレワークの空間をより快適に過ごしたいから」は29.5%、「外出自粛のムードがあるうちに家をきれいにしたかったから」は20.5%、「子供が生まれるなど、家族構成に変化が生まれたから」は17%と続いた。

「あなたがリフォームをしようと思ったきっかけは何か」への回答 出典:全研本社

 「リフォームしたい箇所はどこか」と複数回答可能の条件で対象者に聞いたところ、「リビング」と返答した人が全体の39.3%で最も多かった。次に、「トイレ」は37.5%、「キッチン」が34.8%、「洗面所」は32.1%、「自室」は25.9%となった。

「リフォームしたい箇所はどこか」への回答 出典:全研本社

 「コロナ禍の現在、住宅のリフォームについてWebでの情報収集にじっくり時間をかけることが多くなったと思うか」と対象者に尋ねたところ、「そう思う」と回答した人が全体の39.3%で最多だった。次いで、「そう思わない」は27.7%、「かなりそう思う」は15.3%、「Webで情報収集をしていない」は10.6%、「全くそう思わない」は7.1%。

「コロナ禍の現在、住宅のリフォームについてWebでの情報収集にじっくり時間をかけることが多くなったと思うか」への回答 出典:全研本社

 「かなりそう思う」「そう思う」と回答した人に、「時間をかけることができる理由は何か」と複数回答可能の条件で質問したところ、「おうち時間が増えたため」と答えた人は全体の60.7%で過半数を占めた。次に、「自由に使える時間が増えたため」は49.2%、「テレワークで通勤時間などが削減できているため」が37.7%、「インターネットを使う時間が増えたため」が37.7%となった。

「時間をかけることができる理由は何か」への回答 出典:全研本社
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.