ニュース
» 2021年06月10日 07時00分 公開

古河電工のエネルギーインフラ事業、2020年度はコロナの影響で営業利益は19億円の損失産業動向(3/3 ページ)

[遠藤和宏,BUILT]
前のページへ 1|2|3       

2025年度までにらくらくケーブルで売上25億円を目標に

 産業電線・機器事業の周辺環境について、建設・電販市場はコロナ禍に起因する損失から回復傾向にあるが、中長期的には需要減少は避けられず、少子高齢化の進行で労働人口も減少している。

 再生可能エネルギー市場では、政府の2050年カーボンニュートラルで、再生可能エネルギーの主力電源化が進み、データセンター市場では、近年のデータ通信量増加により、データセンターのインフラ整備と機能強化が求められている。防災市場では、自然災害の頻発化と激甚化に伴い、送電網強靭化の必要性が高まっている。

 こういった状況を踏まえて、古河電工は、建設・電販市場ではらくらくアルミケーブルの拡販を積極提案していく。

古河電気工業 産業電線・機器事業部門長 中里見直道氏

 古河電工の中里氏は、「らくらくアルミケーブルの拡販では、施主とゼネコンの顧客から案件情報を早期に取得し、らくらくアルミケーブルを提案する。サブコンの営業部門・設計部門には設計サポートとトータルコスト削減に貢献する製品だと紹介していく。2020年4月に神奈川県平塚市で開設されたらくらくアルミケーブル技能訓練センターで、定期的に講習会を開き、らくらくアルミケーブルの使用法をユーザーにレクチャーして、利用者を増やして、2025年度までにらくらくアルミケーブルで売上高25億円を目指す」とコメントした。

らくらくアルミケーブルの売上目標 出典:古河電気工業

 再生可能エネルギー市場では、太陽電池モジュールと接続箱間の配線で役立つ太陽光発電用ケーブルやパワーコンディショナー内の盤内配線として有効な盤内配線用ケーブル、パワーコンディショナーとトランス間における狭小部の配線として機能する狭小部配線用ケーブルを販売する。

 データセンター市場では、サーバラック内などの曲げ半径に制限がある狭小部の配線に最適なコネクター付きケーブルを訴求し、防災市場ではポリマー製ジャンパーがいしを売り出す。ポリマー製ジャンパーがいしは、磁器がいしと比較して重さは約7分の1で、塩害によるトラッキング被害軽減に効果がある。古河電工では、磁器がいしからの交換需要と送電線新設需要で、2025年度までにポリマー製ジャンパー碍子で売上高10億円を目標に掲げる。

ポリマー製ジャンパー碍子の売上目標 出典:古河電気工業
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.