調査リポート
» 2021年02月26日 09時00分 公開

2020年12月の新築戸建て住宅の動向を調査、首都圏では横浜と川崎を除き平均価格が上昇調査レポート(1/2 ページ)

アットホームとアットホームラボは、新築戸建て住宅の価格動向を調査し、首都圏の新築戸建て住宅の平均価格が、2020年12月において、横浜市と川崎市以外のエリアで前年同月と比較して上昇したことを明らかにした。

[BUILT]

 アットホームは、同社の不動産情報ネットワークで消費者向けに登録・公開された新築戸建て住宅の価格動向をアットホームラボが調査・分析したデータ「首都圏における“新築戸建て”の価格動向(2020年12月)」を2021年1月28日に発表した。

 首都圏における新築戸建ての価格動向は、東京都の23区、都下や神奈川県の横浜市、川崎市、他、埼玉県のさいたま市、他、千葉県の西部※1、他を対象エリアとしており、1戸あたりの登録価格(売り希望価格)を価格と表記している。

※1 千葉県の西部とは、柏市、松戸市、流山市、我孫子市、市川市、浦安市、習志野市、船橋市を指す。

新築戸建て住宅の平均価格は、横浜市と川崎市以外のエリアは前年同月比で上昇

 首都圏における新築戸建ての価格動向によれば、2020年12月は、首都圏における新築戸建て住宅の平均価格が、横浜市と川崎市以外のエリアで前年同月と比べて上昇した。平均価格指数の前年差が対象エリアのうち最も大きかったのは、千葉県における他のエリアで平均価格指数が前年比で4.4ポイントアップの110.5となった。

首都圏8エリアにおける新築戸建て住宅の価格や建物面積、土地面積 出典:アットホーム
首都圏8エリアにおける新築戸建ての平均価格(前年同月比) 出典:アットホーム
首都圏8エリアにおける新築戸建ての平均価格指数の推移(2017年1月=100) 出典:アットホーム

 しかし、千葉県における他のエリアは、平均価格指数が今回伸びているが、2020年10月〜2020年12月の推移を見ると2カ月連続で低下しており、やや勢いが鈍っている。一方、2020年10月に平均価格指数が99.6だった東京23区は、2020年12月に指数が102.7に伸長し、2020年10月の値と比較すると、プラス3.1ポイントとなり、上昇が目立った。

 2020年12月における新築戸建て住宅の平均価格は、東京都23区が、前月比1.1%増となる5704万円で、2017年1月以降の最高額を更新した。また、前年同月比でも、2.3%増となったが、これは全体のうち3000万円台の物件が占める割合が前年同月より3.5ポイント減少し、4000万円台の新築物件が4.2ポイント増加したことが一因となっている。都下における新築戸建て物件の平均価格は、4032万円で前月比0.7%増となり、前月に続き上昇し、前年同月超えは8カ月ぶりとなった。

東京都の新築戸建て住宅の価格、建物面積、土地面積 平均値の推移 出典:アットホーム
東京都の新築戸建て住宅の2017年1月からの平均価格推移 出典:アットホーム≫ 出典:アットホーム
東京都の新築戸建て住宅の価格帯別の物件数の割合 出典:アットホーム≫ 出典:アットホーム
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.