第5回 住宅・ビル・施設 Week 特集
ニュース
» 2021年02月24日 06時05分 公開

「ナノ銀粒子」で空間全体を除菌するコロナ対策、600m先まで届く高性能噴霧器第5回 住宅・ビル・施設 Week(1/2 ページ)

COSMOの「nano maizer」は、ナノ銀粒子で除菌・抗菌・消臭を実現する液剤「nano silver Pro」を噴霧する装置。不特定多数が集うイベント会場や商業施設に設置すると、空間全体を除菌することができる。

[川本鉄馬,BUILT]

 COSMOは、「第5回 住宅・ビル・施設 Week」(2020年12月2日〜4日、東京ビッグサイト)内の「第3回 施設リノベーション EXPO」で、天然無機剤の噴霧によって室内を隅々まで除菌する高性能噴霧器「nano maizer(ナノマイザー)」の展示を行った。

 COSMOは、ナノ銀粒子によって除菌・抗菌・消臭などを実現する液剤「nano silver Pro(ナノシルバープロ)」を取り扱っている。nano maizerでnano silver Proを室内に噴霧すると、部屋全体を除菌・抗菌された空間にできるという。

消毒液よりも人体に安全な感染症対策

 新型コロナウイルスが蔓延(まんえん)して以降、店舗やオフィスなど多くの出入口でアルコール液などによる除菌が行われるようになった。しかし、こうした対策は外部からコロナウイルスを持ち込まないための対処法となる。そのため、何らかの理由で既に店舗やオフィス内に入ってしまった感染者からの感染を防ぐことは難しい。

 室内にある感染源からの感染を予防するには、空間全体を除菌しなければならない。COSMOが手掛ける「nano silver Pro」は、こうした用途に応じた除菌・抗菌・消臭剤だ。

 nano silver Proは、2〜3ナノサイズ※1の純銀と10ナノ大のシリカを蒸留水に溶かし込んだ天然無機の液体。空気中に散布すれば、ナノ銀の粒子がウイルスや菌、カビなどの酸素交換を阻害し、これらを不活性化する。

※1 1ナノ=10億分の1ミリ

 次亜塩素酸水をはじめとする、いわゆる消毒液の空中噴霧は、新型コロナウイルスの不活性化には効果がないばかりか、人体に有害となる可能性がある。だが、nano silver Proの成分であるナノシルバーシリカコロイドの安全性は、日本国内の検査機関での検査に合格し、米国環境保護庁(EPA)でも安全が認定されている。

COSMOが扱う「nano silver Pro」のスプレーボトル。空間に噴霧することで、除菌・抗菌・消臭などの効果が得られる

 nano maizerは、nano silver Proを屋内に噴霧する装置。構造的にはキャビネット上に首振りが可能なサーキュレーターを搭載し、送風ファンの前にnano silver Proを噴霧するノズルが取り付けられている。

連続で16時間の運転ができる。75Wの消費電力は省エネに貢献する
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.