ニュース
» 2021年02月03日 08時00分 公開

ビットキーの顔認証・非接触解錠システム、NTT都市開発の賃貸物件に導入スマート化

ビットキーは、NTT都市開発の都市型賃貸物件に、ビットキーの顔認証ソリューションやスマートロックが導入されたことを明らかにした。顔認証・非接触解錠により入居者の利便性と快適性を追求する。

[BUILT]

 ビットキーは、NTT都市開発の都市型賃貸物件に、ビットキーの顔認証ソリューションやスマートロックが導入されたことを明らかにした。NTT都市開発が開発する住宅での顔認証システムの採用は今回が初となり、顔認証および非接触解錠により入居者の利便性と快適性を追求する。

 導入先は、NTT都市開発が展開する都市型賃貸マンションの新シリーズ「Wellith URBAN(ウエリスアーバン)」の第1号物件、「ウエリスアーバン中野坂上」だ。同シリーズでは、多様なライフスタイルニーズに応える「質の高い暮らしを送れる住まい」の追求や、ニューノーマル(新常識)に対応する取り組みを実施することで、入居者に向けて次世代型で快適な住空間を提供するとしている。

「Wellith URBAN(ウエリスアーバン)」ロゴマーク 「Wellith URBAN(ウエリスアーバン)」ロゴマーク 出典:ビットキー

 今回ビットキーは同物件に対して、住宅向けスマートロックのbitlock LITE(ビットロック ライト)」を全室(99部屋)に提供。さらに共有部エントランスには、bitlock GATE(ビットロック ゲート)」、レジデンス向け顔認証ソリューション、管理会社向け物件管理システムには、コネクトプラットフォームの「homehub(ホームハブ)」を提供した。

bitlock LITE bitlock LITE 出典:ビットキー

 同ソリューションにより、入居者は顔認証システムとスマホアプリによる非接触入館や、非接触解錠が可能となる。また、家事代行や宅配などの外部サービスとカギの連携を実現したことで、スマホや専用のリモコンキー「bitbutton(ビットボタン)」などで鍵の開け締めができる他、家族や外部サービス事業者に対し、スマホアプリで制限付きデジタルキーを発行することも可能だ。これにより、非対面でカギを渡し、不在中の家事代行依頼や宅配物の受け取りができるようになる。利用可能な外部サービスは、今後homehubを通じて入居者に順次提供していく予定だという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.