ニュース
» 2021年01月19日 06時00分 公開

ALSOKの警備ロボと清水建設の建物OSが連携、スマートビル実現に向け共同開発ロボット

ALSOKは警備ロボット「REBORG-Z」を清水建設の建物OS「DX-Core」に接続して、入退出管理システムや自動ドア、エレベーターなどのビル管理アプリケーションや各種設備と一元的に連携させることで、セキュリティレベルとサービスレベルの向上を図っていくことで合意した。

[BUILT]

 綜合警備保障(ALSOK)と清水建設は2020年12月17日、オフィスビルや病院などを対象にしたデジタル変革を実現するため、スマートビルソリューションの開発をともに進めていくことを発表した。

清水建設の建物OSで、警備ロボットやビル管理アプリを一元管理

 日本での労働力人口の減少や昨今の新型コロナウイルス感染症拡大などにより、ニューノーマルな対応が日常的に求められる中、オフィスビルや病院などでは、こうした課題を解決し、各施設の社会的機能を継続させるため、安定的かつ継続的な運用が求められている。

 そこでALSOKでは、ロボットと人のコミュニケーションを可能にする警備ロボット「REBORG-Z(リボーグ・ゼット)」を開発し、警備業務の効率化やセキュリティレベルとサービスレベルを向上させ、施設そのものの付加価値を向上させることを目指している。

警備ロボット「REBORG-Z」

 しかし、REBORG-Zを導入して、移動範囲を複数階に広げるためには、エレベーターとロボットを直接連携させる必要があり、設定の手間やコスト面で課題があった。解消のためにALSOKは、REBORG-Zを清水建設の建物オペレーティングシステム(OS)「DX-Core」に接続し、DX-Core経由でエレベーターだけでなく、自動ドアや入退出管理システムともつなぐことで、REBORG-Zの移動範囲をより広げて、さらなる省力化を図ることとした。

 DX-Coreは、清水建設が開発した建物運用のDXを支援する建物オペレーティングシステム。建物運用に特化したプラットフォームを備えた基本ソフトウェアで、メーカーの違いを問わず、ビジュアルツール上でビル内の設備やIoTデバイス、各種アプリケーションを相互連携させることができる。ビジュアルツールには、APIを介して、DX-Coreと接続した入退場制御や不審者検知などの各種アプリケーションのアイコンが一覧表示され、マウス操作でアイコン同士を連結すると、それぞれがデータ連携する。

 今後、両社はREBORG-ZとDX-Coreの連携を皮切りに、新たなスマートビルディングソリューションの提供に向け、さまざまな製品やソリューションの共同開発を行っていくとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.