ニュース
» 2020年12月18日 08時00分 公開

東急建設とリコー、VRで建設現場の合意形成を迅速化する実証実験開始情報化施工

東急建設とリコーは、VR(バーチャルリアリティー)の技術を活用し、建設する構造物をVR空間で関係者が共有し、施工上の情報共有・合意形成を迅速に行うことで生産性向上を目指す実証実験を行うと発表した。

[BUILT]

 東急建設とリコーは、東京メトロ銀座線渋谷駅線路切替工事の施工管理業務において、VR(バーチャルリアリティー)技術を活用し、これから建設する構造物をVR空間で関係者が共有し、施工上の情報共有および合意形成を迅速に行うことで、業務効率化による生産性向上を目指す実証実験を行うと発表した。

 今回の実証実験では、リコーが提供するソリューション「リコーバーチャルワークプレース」を利用する。利用者の任意の空間をVR上で再現し、各自がVRゴーグルを使ってその空間に一堂に会することが可能なソリューションだ。スクリーンシェア機能、音声入力機能などを備えており、付せんを貼ったりしながらアイデアを出すブレインストーミングのミーティングなどにも活用できる。

 同ソリューションに、東急建設が普段使っている3Dデータをそのまま活用し、設計者や施工管理の担当者、さまざまな分野の専門技術者など、複数の関係者がオンラインで集結し議論することができるバーチャルワークプレースを構築する。

東急建設の3次元モデルを元に構築したVR空間 東急建設の3次元モデルを基に構築したVR空間 出典:リコー
リコーのソリューションにより同じVR空間に複数が参加可能 リコーのソリューションにより同じVR空間に複数が参加可能 出典:リコー

 VR技術によって、建設するモデルの中にあたかも実際に入る感覚(没入感)で、あらゆる角度から複数の関係者で同時に確認可能となり、品質や安全性の確保が図れるという。

 建設工事では、発注者や設計者、施工者、協力会社など所属会社や部署の異なる多くの関係者がコミュニケーションを取りながら意思決定を行う場面が頻繁に発生する。その際、関係者全員がさまざまな資料を共有しながら、建設プロセスや完成形のイメージを一致させることが必要で、合意形成までに時間がかかる。またコロナ禍により、建設業の合意形成の場においても、非接触・リモート型の働き方への転換が求められているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.